ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

お好み焼き事典

お好み焼き事典

お好み焼き屋の歴史(広島風)

関西風と並ぶお好み焼きの二大勢力のひとつが、広島風お好み焼きです。関西風とは焼き方や素材が異なる部分も多くあり、全国にファンが多いことでも知られています。2010年(平成22年)にNHKの朝の連続テレビ小説「てっぱん」のヒロインが広島風お好み焼き屋を開くストーリーであったことから、近年さらに人気が加速してきています。しかし、広島風お好み焼き屋の歴史には、実は、広島ならではの戦争体験とアメリカ軍が大きくかかわっているのです。

広島風お好み焼き誕生秘話

広島風お好み焼き誕生秘話

広島風お好み焼きのルーツは、大正時代に関西地方で誕生した「一銭洋食」だと言われています。これは水で溶いた小麦粉を薄く伸ばして焼き、その上にネギや粉がつおなどの簡単な具を乗せ、それを半分に折ってソースをかけて作られた物で、主に子ども向けのおやつとして駄菓子屋で販売されていました。広島市内でも昭和初期には「一銭洋食」が売られていましたが、1945年(昭和20年)以降、その様相ががらりと変わることとなります。

原爆とお好み焼きとの遠からぬ因縁

1945年(昭和20年)8月6日と言えば、広島の人だけでなく世界中の人々が忘れてはならない日です。そう、広島市中心部に一発の原子爆弾が投下された日です。そのたった一発により広島の街は一瞬にして灰燼に帰し、運良く生き延びた人々は今日一日を生きるのに必死になりました。終戦後、食糧難を救うためにアメリカ軍による配給で多かったのは小麦粉でした。広島の人々は小麦粉で、かつては子ども向けのおやつだった「一銭洋食」をベースにした料理を作ることを始めました。具には海産物や野菜を加え、高騰していたネギの代わりに安価でボリュームのあるキャベツを入れ、鉄板の上で重ね焼きをして調理をしました。それらは主に屋台で売られ、腹持ちを良くするために焼そばを加えるものも出始めました。これが、広島風お好み焼きの原型となっていったのです。

広島のお好み焼き屋の店名

古くからある広島のお好み焼き屋の店名には、「〇〇ちゃん」という物が多くあります。実はこれも戦後の広島の苦しい時代が反映されています。太平洋戦争や原爆により未亡人となった女性たちが生きていくために、自宅を改装して店を始めたケースが多いのがその理由のひとつです。代々受け継いできた由緒ある屋号ではなく、自らの名前を看板にして必死で生きていこうとしていた当時の広島の女性の覚悟と勇気が感じられるエピソードです。

戦後復興から高度経済成長時代を経て

1955年(昭和30年)頃になると、爆心地から程近い新天地広場(現在の広島市中区新天地:アリスガーデン)を中心にお好み焼き屋などの屋台が50軒程集まってきました。そこは戦後復興に邁進する広島の人々が活力を養う場となり、活気に満ちた交流の場にもなりました。やがて高度経済成長時代を迎え、屋台は集合店舗へと姿を変えていき、お好み焼き「店」が続々と増えていきました。現在の旧新天地広場のすぐ近くには広島風お好み焼きのフードテーマパーク「広島お好み村」が建てられており、25店舗のお好み焼き屋がビルの3フロアにひしめき合っています。時代の波を乗り越えて長い間愛されてきた広島風お好み焼きの真髄とも言える「お好み村」。それぞれの店の味を食べ比べながら、おいしいお好み焼きがお腹いっぱいに食べられる平和を改めて思うことは、現在の日本人に大切なことかもしれません。