ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ラーメン屋事典

ラーメン屋事典

ギリシャの家庭で親しまれるパスタ「ユベチ」

オリーブオイルをたっぷりと使い、トマトやレモンの酸味がアクセントになった、新鮮な魚介類もふんだんなギリシャ料理が「ユベチ」です。2010年(平成22年)には、イタリア料理やスペイン料理、モロッコ料理とともに地中海の食事として、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。ギリシャは、ギリシャ正教会の戒律により、かつて肉食を禁止されていた国柄ではありますが、1950年代以降は肉料理が食卓に並ぶことも増えました。ユベチは、肉類をトマトソースで煮込み、クリサラキという米粒のようなパスタを加えオーブンで焼く料理です。ギリシャで家庭料理としても親しまれるユベチについてご紹介します。

欧州と中東の食文化が融合したギリシャ料理

欧州と中東の食文化が融合したギリシャ料理

かつて、ローマ帝国の興隆で西欧文明の基盤としての役割も果たしてきたギリシャですが、中世から近世にかけてオスマン帝国の一部でした。そのため、魚介類やパスタを使った物はイタリア料理、野菜の肉米詰め、豆の煮込み、豆のペーストなどは、トルコ料理、中東料理との共通点も多く見られます。日本に紹介されている代表的なギリシャ料理のひとつに、魚卵にレモン果汁とオリーブオイルを加え、つなぎにマッシュポテトを使ったペースト状のタラモサラタがあります。日本では、タラコとマッシュポテトなどで作るタラモサラダとして知られるようになるなど、ギリシャ料理は日本人にも好まれる料理が多いと言えます。

料理器具からその名が付いた

もともと「ユベチ」とは、蓋が付いた土鍋のような容器のことを指す言葉。調理器具が料理名になっており、ギリシャでは「ユベチ」と言えば、この土鍋のような容器を使ってオーブンで焼いた肉類のトマトソース煮込みの米粒形パスタ料理を指すそうです。とは言うものの、この土鍋でなければ作れない訳ではなく、現在はオーブンを使わずに鍋で作ることもあるようです。ちなみにギリシャには、両手付きの小さなフライパンを使った前菜のサガナキなど、他にも調理器具から命名された料理があります。

ユベチには米粒大のパスタを使う

ユベチは様々な食文化が融合したギリシャらしい料理とも言えます。ユベチは基本的に、骨付きのラムや鶏肉、大きめに切った牛肉や豚肉など好みの肉類をトマトソースと一緒にじっくりとオーブン焼きにします。肉がやわらかくなったら、「クリサラキ」という米粒形のパスタと水を加えます。そして、クリサラキがやわらかくなるまでオーブンで焼くのが基本です。肉の旨みとトマトの酸味が効いた煮込みソースがクリサラキによく絡みます。また、見た目は米の形、味わってみるともっちりとしたクリサラキの食感がおいしさを倍増させます。

他のパスタで代用しても本場の味に

ギリシャ以外では、クリサラキがなかなか入手できないこともあります。そんなときはイタリアの「オルツォ」、または「リゾーニ」と呼ばれる米粒形のパスタやショートパスタなどを使ってユベチ作りにチャレンジしてみるのもオススメです。風味付けにシナモンを加えて、さらにレモンをギュッと絞ればよりギリシャ風の味わいになり本場のような味が楽しめます。ギリシャでも、必ずクリサラキが使われる訳ではないので、ロングパスタを折って短くした物を使ったり代用のパスタで作っても満足いく物が作れるはずです。