ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

和食店[日本食]事典

和食店[日本食]事典

戦後から飽食の時代へ 劇的な変化を見せる昭和以降の食文化

昭和以降、食文化が大きく変わったきっかけはやはり第二次世界大戦です。新しい食べ物が次々に登場すると同時に、高度成長期を背景に飽食の時代を迎えました。

肉食文化の一般化

肉食文化の一般化

肉食文化は、明治時代以降に広がりを見せましたが、肉を主役として味わう料理と言えばすきやき程度のものでした。そうした状況に変化が訪れたのは、1970年代以降です。

焼肉の広がり

まずは、在日朝鮮人・韓国人によって焼肉の文化が伝えられ、これが広く受け入れられるようになりました。牛肉や豚肉をある程度の大きさに切り、様々な種類のタレや薬味を付けて食べるこの料理は、ごはんとの相性も良く、日本人の味覚に合っていたものと思われます。

ハンバーグが登場

世の中が高度成長期を迎えた頃に誕生した肉料理がハンバーグです。もともとは、ドイツからアメリカへと渡った肉料理からヒントを得て、レストランがメニュー化したものですが、手頃な価格の挽き肉で作れることから、家庭料理としても爆発的な人気を誇りました。1970年代にはファミリーレストランが登場し、ハンバーグをはじめ、比較的安い価格でバラエティ豊かな洋食が提供されるようになりました。

ハンバーガーへの憧れ

日本文化にハンバーグが浸透した要因のひとつに、ハンバーガー店の登場が挙げられます。イギリスで生まれたサンドイッチをもとに、アメリカで考案されたハンバーガーは、1950年代には国民食と言える程の人気を誇っていました。60年代に入るとハンバーガーのチェーン店が台頭するようになり、1971年(昭和46年)にマクドナルドの日本第1号店がオープンしました。丸いバンズにハンバーグが挟まれたその商品は、当時の人々の憧れでした。

サラダで生野菜を食べる

日本にサラダが伝わったのは第二次世界大戦後のことです。それまで日本には、様々な野菜を生のまま一緒に食べるという習慣がありませんでした。日本において、公の場で初めてサラダが登場したのは1949年(昭和24年)のクリスマスイブのこと。当時、GHQの宿舎として使用されていた帝国ホテルのパーティーにて提供されたシーザーサラダだとされています。

電気調理器具の登場

冷蔵庫、炊飯器、電子レンジに代表される調理家電は、家庭での調理シーンにおいて大きな影響を与えました。冷蔵庫があることで食品を長く保存することが可能になり、冷凍食品を利用すれば、調理を簡便に行なうこともできます。また、米を主食とする日本人にとって、炊飯器によって短縮された時間は計り知れません。電子レンジは、今や家庭に欠かせないアイテムのひとつとなり、食品を温めるだけでなく、料理の下ごしらえや調理そのものに幅広く活用されています。

近年のトレンド

食材の鮮度を保ったまま保存できる冷蔵庫や、釜炊きのようなごはんが炊ける炊飯器など、これまでの家電に新機能を加えた商品が目立ちます。蒸気で調理を行なうスチームオーブンやノンオイルフライヤーなど、健康を意識した調理家電も登場しています。