ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

居酒屋事典

居酒屋事典

長きに渡り不動の人気を誇ってきた大衆割烹チェーンストア「庄や・やるき茶屋」

「はい!よろこんで!」と言う受け応えが有名な「庄や」や「やるき茶屋」は、全国に約900店舗を展開する庄やグループの大衆割烹チェーンストアです。「株式会社 大庄」が事業を展開し、「日本海庄や」や「榮太郎」、「ジョン万次郎」の他、漁師料理専門店「大庄水産」、大衆割烹「中の濱」、「榮太郎」、「呑兵衛」、「鮮乃庄」、しゃぶしゃぶ「大和路」、欧州料理「マ・メゾン」、カラオケスタジオ「歌うんだ村」、千葉県館山自動車道の市原サービスエリアにおける総合レストラン業などを展開し、企業の合併や買収も積極的に行ないながら事業を拡大しています。

庄やグループの成り立ち

庄やグループの成り立ち

庄やグループは1968年(昭和43年)創業し、東京都大田区に「若鳥焼 とき」を開店しました。1973年(昭和48年)には東京都千代田区に「庄や」1号店となる「大衆割烹 庄や本家店」を開店して以降、「マ・メゾン」や「榮太郎」などの買収や合併を経て、現在に至ります。2013年(平成25年)にはサービス付高齢者向け住宅事業を開始し、「スマイル・メゾン曳舟(ひきふね)」を開設しました。

理念と社会活動への取り組み

人を幸せに導く「人間産業」をモットーに、創業時からお客様との絆を大切にしながら、手づくりと健康・安全・安心にこだわると言う精神を継承。食の喜びを提供し、出会った人たちに感謝の気持ちを忘れないという理念のもと、「社員全員が働くことで社会に貢献していると言う自負を持つこと」、「困っているときは互いに助け合うこと」を大切にしています。

庄やグループは、少しでもより良い未来を支える助けになり、社会に還元していくため、「庄や」「やるき茶屋」全店に業界初の点字メニュー設置をはじめ、東日本大震災で被災した地域への人道的支援、物資支援、炊き出しを行なうなど、様々な社会活動に取り組んでいます。

食の安全を考える

庄やグループでは安心して食事を楽しんでもらうため、すべての食材が庄やグループの統一基準に沿うよう、生産者や加工品製造業者など、多くの関係者と協力し、レベルアップを図ってきました。全国から選び抜いたこだわりの素材は、有機栽培や減農薬栽培された産地直送の野菜を使用し、さらに全国各地の漁港市場から鮮魚を直送するなど、食材は新鮮なものばかり。徹底した衛生管理や自社検査研究機関での残留農薬検査も行なっており、積極的に情報を発信しています。このような安全・安心の確保への取り組みは、業界内でもトップクラスで、この積み重ねがあるからこそ、安心して利用できる居酒屋として多くの人に認知され、利用されてきました。

また、職人が多いことでも知られる「庄や」は、板前が仕上げる刺身や串焼き、焼き物、鍋など、素材や鮮度へのこだわりと同様に調理方法や盛り付けにも食のプロのこだわりがあります。

食に関するすべてに責任を持ち、安心・安全へ取り組む姿勢、そして、「はい!よろこんで!」の元気な接客と細やかで丁寧なサービスは、性別年代問わず、長きに渡り不動の人気を誇っています。