ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

居酒屋事典

居酒屋事典

赤霧島(あかきりしま)

宮崎県都城市(みやこのじょうし)の「霧島酒造」の「赤霧島」は、国産の紫芋「ムラサキマサリ」から造られる珍しい芋焼酎です。さつま芋と同じく、焼酎造りの命のひとつである水は「霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」を使用。1955年(昭和30年)に秋田油田のボーリングによって掘り当てられた清涼感のあるやわらかい味わいが特徴の天然水です。都城盆地(みやこのじょうぼんち)の地下150メートルの岩盤の割れ目から湧き出しており、適度のミネラル分と炭酸ガスを含んでいるため、酵母菌の発酵に適しています。

ここでは「霧島酒造」の歴史と「赤霧島」の原料である「ムラサキマサリ」、「霧島酒造」の芋焼酎のラインナップなどを紹介します。

「霧島酒造」の歴史

「霧島酒造」の歴史

1916年(大正5年)に初代の江夏吉助さんが「川東江夏商店」として創業し、戦後の1949年(昭和24年)に「霧島酒造株式会社」と組織を改めました。焼酎は、本社工場と、同じく都城市にある志比田工場で製造しています。2000年(平成12年)に志比田工場の敷地内に地ビール醸造施設、レストラン、ベーカリー、創業記念館、ホール、ミュージアム、グラウンドゴルフコースといった多彩な施設を集めた「霧島ファクトリーガーデン」をオープンしました。

「赤霧島」の原料「ムラサキマサリ」の特徴

「赤霧島」には紫芋の品種「ムラサキマサリ」を使っています。紫色に含まれるアントシアニンは、ぶどうやブルーベリーなどに多く含まれる成分、ポリフェノールの一種で、抗酸化作用の強い健康成分として知られています。焼酎造りでは、蒸留によってアントシアニンは失われますが、ワインのような香りやフルーティーな口当たりは残っています。

芋焼酎のラインナップ

「霧島酒造」では芋焼酎の他に、芋麹焼酎「吉助」、むぎ焼酎「ほ」、そば焼酎「そば作」を製造しています。ここでは、芋焼酎のラインナップとビールを紹介します。

赤霧島

「ムラサキマサリ」に含まれたアントシアニンが、焼酎麹の持つクエン酸に反応して、もろみが赤くなることから名付けられました。あとを引くような甘味と力強い旨味が魅力の個性的な芋焼酎です。

 アルコール度数:25度

原料:さつま芋(ムラサキマサリ)、米麹

白霧島

「白キリ」の愛称で知られる「霧島酒造」の代表銘柄「霧島」が、2015年(平成27年)に「白霧島」に名前を変えてリニューアル。南九州で収穫したさつま芋「黄金千貫(こがねせんかん)」と軟質の天然水「霧島裂罅水」、白麹で仕込んだふくよかな香りの芋焼酎です。

アルコール度数:20・25度

原料:さつま芋(黄金千貫)、米麹

茜霧島

「香りを楽しむ芋焼酎」をコンセプトに、2014年(平成26年)6月に限定発売されました。原料のタマアカネが持つ高カロテンによる鮮やかなオレンジ色とフルーティーな香りが特徴です。

アルコール度数:25度

原料:さつま芋(タマアカネ)、米麹

霧島ビール

「霧島酒造」の焼酎職人が、イギリス王室御用達のビール「バス ペールエール」で知られるバス社で醸造技術を習得して作ったビールです。霧島ビールには、ファインアロマホップのフルーティーさと、すっきりとした心地よい苦味が特徴の「ブロンド」。また、ホップの旨味を感じさせるキレのある苦味が広がるドライテイストの「ゴールデン」、丁寧に焙煎された麦のコクが味わい深い黒ビールの「スタウト」、そして、宮崎県の特産物である日向夏をまるごと入れた軽快な喉越しの「発泡酒」の4種類があります。

アルコール度数:4.5度