ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

居酒屋事典

居酒屋事典

青森を代表する酒「田酒」!老舗の蔵元「西田酒造店」が手掛けた酒のラインナップをご紹介

酒造りの要となる原料、米。その米を実らせる豊かな稲が一面に広がる「田んぼ」から名付けられた青森を代表する酒「田酒」は、日本の田んぼで獲れたもの以外を原料とする醸造用アルコールや醸造用糖類を一切使わずに仕込んでいます。米そのものの旨味が生きた飲み口、ふくよかな味わいの純米酒は、1974年(昭和49年)の登場から数々のコンテストで1位を獲得し、全国へと広がりました。

ここでは「田酒」のこだわり、「西田酒造店」のラインナップを紹介します。

田酒のこだわり

田酒のこだわり

1878年(明治11年)創業の「西田酒造店」は青森県青森市油川にあります。鎌倉から戦国時代にかけて最も栄えていた「外ケ浜(津軽街道島東海岸一帯)」の大浜と呼ばれるところから湧き出る酒造りに適した軟水を使用しています。

老舗の蔵元ですが「日本酒の原点に帰り、風格のある酒を創りたい」という想いから、3年の月日を費やして「田酒」を生み出しました。

復活させた酒米、古城錦(こじょうにしき)

青森県農業試験場が1968年(昭和43年)に新潟の酒米「五百万石(ごひゃくまんごく)」と青森県産米「青系50号」を交配させて「古城錦」を作りました。酒米として優秀な品質を持っていましたが、当時は「山田錦(やまだにしき)」が全盛だったため、使う酒蔵がほとんどなく、わずか12年後の1980年(昭和55年)で生産をやめてしまいました。

「西田酒造店」はその幻の酒米「古城錦」の種籾(たねもみ)を見付け出し、弘前の農家に栽培をお願いして復活に成功。1991年(平成3年)から仕込みに取り組み、地元限定で「田酒 古城錦」として販売しています。

青森県産の酒米「華想い(はなおもい)」を使用した酒

「山田錦」に匹敵するような酒米を作ろうと研究に研究を重ねて青森県農場試験場において生まれた「華想い」は、「山田錦」と「華吹雪」をかけあわせた青森県初の吟醸酒用の酒米。高精白が可能で、ミネラルが多く、たんぱく質が少ない高級酒向きのこの酒米を、「田酒 純米吟醸 百四拾 華想い」という酒の麹米、掛け米、すべてに使用しています。

ラインナップ

「田酒」のラインナップを紹介します。

純米大吟醸 斗壜取(とびんとり)

斗壜取とは、発酵を迎えたもろみを袋に入れて吊るす袋取りのあと、無加圧で自然に落ちていく酒の雫(しずく)を瓶に集めた純米大吟醸です。上品で華やかな味わいが特徴です。

アルコール度数:16.5度

酒米:山田錦

精米歩合:40%

純米大吟醸 山廃(やまはい)

厚みのある力強い味わいは山廃仕込みならでは。濃醇(のうじゅん)な飲み心地が楽しめる純米大吟醸です。

アルコール度数:16.8度

酒米:山田錦

精米歩合:40%

純米大吟醸 四割五分

上品なフルーティーな香りと山田錦のしっかりとした旨味が楽しめる純米大吟醸です。

アルコール度数:16.5度

酒米:山田錦

精米歩合:45%

純米大吟醸 百四拾(ひゃくよんじゅう)

銘柄の「百四拾」の由来は、使用している酒米「華想い」の名前がなかった頃の系統名「青系酒140号」から付けられました。口に広がるふくよかで華やかな吟醸香が魅力です。

アルコール度数:16.5度

酒米:華想い

精米歩合:40%

純米大吟醸 古城乃錦

復活させた酒米「古城錦」を使った純米大吟醸。調和のとれた芳醇な味わいとすっきりとしたあと味で魅了させてくれます。

アルコール度数:16.5度

酒米:古城錦

精米歩合:45%