ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

居酒屋事典

居酒屋事典

朝日酒造の創業当時の屋号「久保田屋」から生まれた「久保田(くぼた)」

1830年(天保元年)創業の「朝日酒造」は、「久保田」の他に「朝日山」、「越州(えっしゅう)」、「越乃(こしの)かぎろひ」といった日本酒を醸造しています。工場は新潟県長岡市に位置し、2004年(平成16年)10月23日の新潟中越地震の被害に遭ったことで商品の生産と出荷ができなくなった時期がありましたが、お客さんからの多くの励ましによって、社員が心をひとつにして復旧、復興に取り組みました。その想いは今もお酒に込められています。

ここでは久保田の誕生秘話とラインナップについて紹介します。

銘酒「久保田」誕生の秘話

銘酒「久保田」誕生の秘話

「高品質の酒を幻にならないようにしっかりと供給することが、新潟の酒を全国の人たちに知ってもらえる道だ」と考えた新潟醸造試験場長と、「量ではなく質で勝負し、酒の旨さだけでなく新潟の良さも発信してシェアを拡大したい」と考えていた4代目社長の想いがかたちとなった酒が「久保田」です。

朝日酒造の創業当時の屋号「久保田屋」にちなんで「久保田」と名付けたこの酒は、1985年(昭和60年)に「千寿」と「百寿」を販売。翌年の1986年(昭和61年)に「萬寿」、1987年(昭和62年)に「翠寿」、1988年(昭和63年)に「碧寿」、1993年(平成5年)に「紅寿」、2010年(平成22年)に「生原酒」を発売しました。

ラインナップ

「久保田」シリーズのラインナップを紹介します。

萬寿(まんじゅ)

純米大吟醸で、やわらかな口当たりと調和のとれた旨みを持つ久保田の最高峰。少し冷やす、または、少し温めても酒の存在感を醸し出します。味、香りともに絶妙に仕上げた逸品です。

アルコール度数:15度

酒米:五百万石

精米歩合:35%

碧寿(へきじゅ)

古くから伝えられている伝統的な醸造技術「山廃仕込み(※)」の純米大吟醸。優良な酵母である山廃酒母を使っているため、軽やかな喉越しと深みのある味わいが楽しめます。ぬるめの燗がおすすめです。

※山廃仕込み…蒸した米と麹を水で仕込み、櫂(かい)棒ですりつぶす「山卸(やまおろし)」という工程を簡略した製法のこと。

アルコール度数:15度

酒米:五百万石

精米歩合:50%

紅寿(こうじゅ)

わずかな甘み、そして、ゆるやかに香りが広がる純米吟醸酒。米の旨みである酸味とコクを感じさせてくれます。冷でも燗でもおいしく頂けます。

アルコール度数:15度

酒米:五百万石

精米歩合:55%

千寿(せんじゅ)

食事と一緒に楽しめるやわらかい口当たりの吟醸酒です。すっきりとした辛口で、酒の定番として長く飲み続けたくなるほど飽きない味わいが特徴です。冷、燗、両方おすすめです。

アルコール度数:15度

酒米:五百万石

精米歩合:55%

百寿(ひゃくじゅ)

久保田シリーズの基本形で、辛口の落ち着いた味わいが楽しめます。冷にするとすっきり、燗にするとまろやかな味わいが引き立ちます。

アルコール度数:15度

酒米:新潟早生米

精米歩合:60%

生原酒

1月にしか出荷されない冬季限定酒です。生原酒は水も火も加えない搾ったまま瓶詰めをした酒のこと。吟醸の生酒にしか味わえないフレッシュ感、さらに、原酒ならではのインパクトが楽しめます。

アルコール度数:19度

酒米:五百万石米

精米歩合:55%

翠寿(すいじゅ)

4~9月のみ出荷される限定酒。大吟醸の生酒で、やわらかな味わいと華やかなフルーティーな香りが魅力です。軽く冷やして頂くのが基本です。

アルコール度数:14度

酒米:五百万石

精米歩合:42%