グルブロ!(食べ歩きグルメブログ)

国内最大級の飲食店情報サイト「クックドア」

日本のラーメンは、スープに麺と具を入れただけのごくシンプルな料理ながら、老若男女に人気のグルメです。一般的には「B級グルメ」と称されるように、カジュアルな料理ですが、世界的に著名なガイドブック「ミシュラン」で星を獲得する店舗も登場しており、海外からも大きく注目を集めています。シンプルな料理だからこそ、作り手や具材、選んだ素材、作り方次第で味は大きく変わり、千差万別。日本各地には数多くのラーメンの名店が存在します。今回はそんなラーメンの名店の中から、多くの人に愛される店舗をご紹介していきましょう。

岸ゆうなと岸ゆづる
国内最大級の飲食店情報サイト「クックドア」

記事

ラーメン大国!日本。各地方の「ラーメン」特集

ラーメン特集

ラーメンは「国民食」と呼ばれる程、日本人にとって馴染みの深い食べ物。カジュアルな物から高級な物、麺の太さやスープのダシなど、種類や具材の組み合わせは様々です。
また各地方、各店舗によっても味わいが分かれているため、全国各地で趣が異なる味を楽しむことが可能となっています。
今回はそんなラーメンの名店について、各地で愛されるとっておきの一杯をご紹介。

【東京醤油】煮干しのおいしさだけを凝縮!店主のこだわりが爆発したラーメンスープ

こだわりのスープ

煮干しそば 暁

煮干しを使ったラーメンと言えば、煮干しの風味や香りがガツンと感じられる、白濁スープと太麺を思い浮かべる方も多いですが、「煮干しそば 暁」の「煮干しそば」は、それとは少し違います。「魚介」「動物」「貝」の3種類のスープとカエシにこだわり、「旨み」が一度に押し寄せてくるような、リッチな味わいです。

ひとつ目のスープは、千葉県九十九里浜産のカタクチイワシの背黒を2種類に、香川県伊吹島産のカタクチイワシの白口をブレンドし、国産の干しシイタケや羅臼産昆布をプラス。さらに千葉県房州産の枯宗田鰹節と枯鯖節を合わせて煮込み、魚介テイストのスープを作ります。

そしてふたつ目は、岩手県産清流鶏の鶏ガラとモミジ、群馬県産もち豚のゲンコツに国産長ネギとタマネギを煮込んだ動物系スープです。加えて、活ハマグリを煮込んだスープと、この3種類を贅沢にブレンドしたのが、同店自慢のスープ。
ふたつのこだわりスープのハーモニーが「煮干しそば 暁」の大きな特長となっています。

こだわりの煮干し

醤油風味を演出するカエシは、岡山県備前市の鷹取醤油に煮干しや昆布、干しシイタケ、長崎県産スルメイカの煮干しを加え、1週間程寝かしてまろやかさを引き出す手の込みようです。

厳選した食材と手間暇をかけた製法で生み出される「煮干しそば」は、スープとカエシに含まれた昆布のグルタミン酸や煮干しのイノシン酸、シイタケのグアニル酸と、3種の旨み成分が凝縮するという、いわば”旨み成分”にこだわった逸品と言えます。口当たりはあっさりしているものの、それぞれの食材から引き出した旨みが相乗効果となり、複雑で豊かな味わいを演出。

煮干しが苦手で敬遠気味の方にも、オススメできる一品です。煮干しの臭みやエグみが少ない、おいしい「煮干しそば」を食べると、これまでの好き嫌いが解消されることもあります。

【施設情報】

【札幌味噌】味噌のこってり感がたまらない!脱サラ店主渾身の、パンチのきいた味噌ラーメン

こってり味噌ラーメン

味噌ラーメンは北海道・札幌が発祥です。市内の大衆食堂「味の三平」の主人が開発したのが始まりで、味噌汁から発想を得てでき上がった味は、それまでの北海道で主流だった豚骨醤油味とはまた違うおいしさを全国に広めました。
ここでは、そんな札幌で愛されている老舗店の味噌ラーメンをご紹介しましょう。

白樺山荘

約20年前に脱サラした店主が開業、同店の看板料理は白糀味噌と白味噌を独自の配合でブレンドしたベースに、ゴマ油やオイスターソース、にんにくなどを合わせたスープが特長の「味噌ラーメン」です。
具材にはゴロゴロの角切りチャーシューやネギ、もやしなどがたっぷり使用されているので、こってり風味の味噌味が好きな方におすすめできる味となっています。

【施設情報】

【札幌味噌】甘めの焼き味噌がアクセント。ラーメン激戦区でひときわ注目を浴びる人気店

味噌ラーメン

らーめん 空

札幌市電「資生館小学校前」駅から徒歩すぐにある道内随一の繁華街・すすきのに構えるのが、「らーめん 空」。周囲には博多の豚骨ラーメン「一風堂」や、北海道が本場のスープカレー屋の他、イタリアンやカフェなどが建ち並び、飲食店の激戦区です。そんな中で、味噌ラーメンと言えばこのお店、と言われる程、絶大な支持を受けているのがこちらのお店になります。

味噌を炒めて合わせることで、コクを持たせながらもあっさりとしたスープで「これぞ札幌ラーメン」といったスタイルです。足を運ぶ時間のない方は、新千歳空港ターミナルビルの店舗の利用もおすすめ。座席が43席と、人気店の味をゆったりと堪能することができます。

【施設情報】

【函館塩】透明感のあるスープにまろやかなコク。生姜がアクセントの淡麗系ラーメンの頂点

函館塩ラーメン

函館のラーメンとして有名なのが、塩ラーメンです。その成り立ちは諸説あり確かな説はありませんが、同地で多く食されてきた塩ラーメンを提供する店の中でも、特に老舗として地元からも観光客からも愛される名店をご紹介しましょう。

麺厨房あじさい 本店

函館市で営業を続ける老舗中の老舗。名物の「味彩塩拉麺」は透き通ったスープから一目で分かるあっさりさと、見た目に反する深みを合わせ持つ出来です。
トッピングはネギに玉子、バラチャーシューとシンプルなため、スープの味わいをより楽しむことができます。

スープに合わせるのは、函館市内の岡田製麺のストレート麺。するするっと食べられる麺と、自慢のスープは、極寒の函館の冬でも冷えた体を温めるのにおすすめです。

【施設情報】

【博多豚骨】独自の進化を遂げた、博多ラーメンの雄

博多ラーメン

九州のラーメンと言えば、豚骨をじっくり煮込んだこってり風味の白濁スープ、豚骨ラーメンを思い浮かべると思います。中でも「一風堂」や「一蘭」に代表される、豚骨スープの博多ラーメンは、全国的にも有名になりました。
しかし「豚骨ラーメン」と言っても、実は九州の地域によって製法が微妙に異なるのです。ここでは、最もポピュラーな「博多ラーメン」についてご紹介しましょう。

一蘭

知名度が全国レベルになった、博多発の「一蘭」。ラーメンの味わいもさることながら、同店が独自に開発した「システム」が特長的となっています。

一蘭の歴史は1960年(昭和35年)に開業した屋台ラーメン「双葉」から始まりました。
同店では「熟成だれ」の赤い玉をラーメンの中央に浮かべたラーメンが有名。この「熟成だれ」は唐辛子をベースに、30種類以上の材料を組み合わせて配合し、何日も寝かせた物で、一蘭のオリジナルの物となっています。
同店によると、ラーメンを食べるときは、この熟成だれを少しずつ溶かしながら食べるのがオススメとのことです。

一蘭本社総本店

一蘭の特長は他にも多くあります。麺は、主原料である小麦を同店独自に配合。加える水は特注のろ過装置で磨いた軟水を使用し、熟練の職人が編み出した技術で、その日の天候や気温に合わせた麺を提供します。
豚骨ベースのスープは、骨から出る臭みやクセを完全に取り除く製造方法を編み出し、コクと旨みだけを抽出。豚骨独特の臭いもなく、女性に嬉しいコラーゲンもたっぷり残った栄養たっぷりのスープに仕上がっています。

そして同店の大きな特長は、「すべてのお客様に何も気にすることなく無心でラーメンを味わってほしい」というモットーから編み出された、気持ちの良い食べ方を追求したシステムです。カウンター席を1席ずつつい立てで仕切るということを世界で初めて行ないました。
これは隣の席が気にならなくなる上、目の前に暖簾をかけることで店員と顔を合わせることなく、また麺をすする口元を見られていないか気にすることなく、思い切りラーメンを食べるよう集中することが可能。この席は通称「味集中カウンター」と呼ばれています。

さらにひとりひとりの好みに合ったぴったりのラーメンを提供できるよう、着席すると「麺の硬さ」や「スープの濃さ」、「にんにくの量」などが選べるシートに必ず記入しなくてはいけません。これもお店側の「お客様においしく食べてほしい」という思いが反映されています。
そんなこだわりの塊のような同店のラーメンは、博多を訪れることができなくても本場の味を楽しむことが可能です。

【施設情報】

こちらの記事も読まれています

ページの先頭へ戻る