ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

正月といえばお雑煮!地域によって全く違う○○風お雑煮とは

お雑煮を食べると、「この1年もがんばろう!」と力が湧いてくるから不思議です。お雑煮は、地域によって味付けや具材がかなり違うようです。年末年始を旅行先で過ごす方も多いはず。ぜひ、その土地のお雑煮を味わってみて下さい。前年とはひと味違うパワーがもらえるかも知れません。

お雑煮の歴史

お雑煮の歴史

本来、お雑煮は年越しの夜に食べるもので、神を迎える祭の席でお供え物のお餅を下げて使っていたそうです。一方、宮中では正月の三日に「歯固め」の儀式があり、鏡餅にイノシシ、シカ、押しアユ、大根、ウリなど硬い食材を加えて食べる習わしがありました。「歯固め」の「歯」は「齢」を意味し、長寿を願ったのです。この2つの習わしが合流する形で、鎌倉から室町時代にかけて京の都を中心に定着していきました。また、餅の形は丸餅が一般的でしたが、江戸時代になると餅づくりの手順が簡略化されて、大きなのし餅を切った角形が関東を中心に使われるようになったそうです。

地域色豊かなのお雑煮

地域色豊かなのお雑煮

様々な地域のお雑煮の特徴をご紹介します。気に入ったお雑煮があれば、来年のお正月にぜひ挑戦してみましょう。

江戸風
「腰が曲がるまで」と、長寿への願いを託して、江戸前の車エビを使います。焼いた角餅に小松菜などを加えあっさりとしたすまし汁でいただきます。
京風
まったりとした甘味が特色の白味噌仕立てです。人の頭(かしら)に立てるようにとかしら芋を、地に根を張るようにと雑煮大根を加えます。どちらもお正月限定の京野菜です。
金沢風
江戸と京の風習がミックスされたお雑煮です。のし餅を湯で煮てから結び昆布やセリをあしらうのが武家風です。町民はかつおだけで出汁を取り、小丸餅の上に柔らかく煮た黒豆と芹を乗せたそうです。
博多風
「焼きあご」という小ぶりのトビウオの素焼きで出汁を取り、地域野菜のかつお菜も使われます。味付けは塩、醤油、みりんで、小丸餅を茹で、酒蒸しした塩ブリを加えます。
仙台風
大根とニンジンの細切りに地域野菜の引き菜を使用。引き菜は、福を引き寄せる縁起物です。ハゼの焼き干しで出汁を取り、塩と醤油で味付けた汁にそれらの野菜と凍み豆腐や笹かまぼこを入れ、イクラや芹を添えます。
松本風
出世魚のブリのほか、大根、ニンジン、里芋、干しシイタケを一緒に水からゆっくりと煮たものです。その中に焼いた角餅とホウレンソウが入ります。
高松風
白味噌仕立てですが、京の白味噌より塩味の強いものです。出汁はいりこで取り、名物の和三盆が使った小豆餡入りの小丸餅が使われます。そして、最後に青のりを振っていただきます。