ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

トレーサビリティってなんだろう?食品業界におけるトレーサビリティの取り組みとは

食品の安全性に対する関心が高まる中、食料品メーカーやレストランチェーンなどもトレーサビリティへの取り組みを加速化させています。最近では、かなり浸透しているこの「トレーサビリティ」について、少しおさらいをしておきましょう。

トレーサビリティの定義

トレーサビリティの定義

食品のトレーサビリティは、国際的に「生産、加工および流通の特定のひとつ、または、複数の段階を通じて、食品の移動を把握すること」と定義されています。つまり、食品の移動ルートを把握できるよう、生産・加工・流通などの各段階で、商品の入荷と出荷に関する記録などを作成し、保存しておくことです。これは、消費者の食品選択に役立つよう構築されるもので、食品の事故などの問題が発生したときに、その移動ルートを特定して追求することで、原因究明や商品回収などを円滑に行なうための仕組みです。例えば、どこかのレストランで食中毒が発生した場合、そこで使われている食材がどんなルートを通ってきたのかを迅速かつ明確に遡れるようにしようという取り組みなのです。

牛肉と米のトレーサビリティ

牛肉と米のトレーサビリティ

日本では、食品のトレーサビリティに関する法律として、通称「米トレサ法」「牛トレサ法」が制定されています。米トレサ法では、事業者に対して米と米の加工品について、入出荷の記録の作成・保存と、販売・提供する際の産地情報の伝達を義務づけています。また、牛トレサ法では、BSEのまん延を防止し、万が一発生した時にはその家畜と同居していた牛や、感染が疑われる牛の所在や移動履歴が特定できるよう、牛一頭ごとに個体識別番号を付与し、牛の出生や譲渡に関する情報を管理できるよう義務づけています。したがって、私たちがスーパーなどで購入する国産牛については、パッケージにも個体識別番号が表示されているのです。

その他の食品のトレーサビリティ

その他の食品のトレーサビリティ

米と牛肉以外の食品に関するトレーサビリティは、法制化、義務付けの程度などについて検討が進んでいるところです。しかし、ファミレスのような大規模レストランチェーンでは、使用している食材の出所をできる限り消費者に情報提供できるよう、店頭に表示したり、ホームページに情報を掲載するといった取り組みを始めています。食品の安全性に対する意識の高さは、日本の食文化の根幹を支えるものであり、消費者である私たちの健康に深く関わる問題です。今後の企業と行政の取り組みにも注目していきましょう。