ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

国によって宗教はいろいろ!気を付けておきたい宗教と食の関係性とは

宗教によっては、戒律によって食べてはいけない食品を定めていたり、宗教が認めた加工過程を経ていないものをダブー視している場合があります。宗教や信仰に対して寛容な日本人は、そうした宗教上の慣習を軽視してしまいがちですが、多くの外国人が暮らす都市部のレストランなどでは、そうした宗教に対応するメニューを用意しているところが少しずつ増えています。私たちも基礎知識として、きちんと理解しておくべきなのかも知れません。主な宗教の食に関するタブーをご紹介してみましょう。

肉を忌避する宗教

肉を忌避する宗教

宗教の戒律によって制限される食べ物の中でもっとも多いのは、肉類です。また、その加工法、調理法が規定されているものも少なくありません。

イスラム教

イスラム教

豚肉はもちろん、豚肉から出た油脂もNGです。これは、コーランに「死肉、血、豚の肉」をアッラーが禁じたとの記述があるからです。ただし「やむを得ない場合は、別に罪には問わない」との記述もあるため、豚肉しか食べるものがなく、それを食べなければ死んでしまうような場合なら口にしてよいと解釈されています。また、肉食動物や昆虫、発酵物もNGとされています。漬け物や紅茶、みそ、納豆などもこれに含まれます。

ユダヤ教

ユダヤ教

ユダヤ教の旧約聖書には、厳密に食べて良いものといけないものを規定しています。食べて良いものは、「反芻し、ひづめが分かれている」とあるので、牛・山羊・羊などはOKです。鶏・鴨・イナゴなども食べていいものに含まれます。一方食べていけないものは、「反芻しない、ひづめが分かれていない」ものとなるので、ブタ、イノシシ、ウマなどがこれに該当します。また、ヒレやウロコを持たないものもNGで、クジラ・タコ・イカ・貝類などが含まれます。さらに、「肉と乳製品を同時に使ったもの」もNGなので、ユダヤ教徒は決してチーズバーガーやピッツァを口にしようとはしません。

キリスト教

キリスト教

おおむね食に関しては寛容なのですが、宗派によってはタブーがあります。例えば、ローマン・カトリックでは馬肉は忌避されています。

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教

インドのヒンドゥー教徒たちは、牛を「母性と豊穣を象徴する聖なる動物」として崇拝しています。年老いた牛は手厚く保護されるほどですから、基本的に牛肉を食べない人が多いようです。

日本の慣習

日本の慣習

基本的にタブーはありませんが、身内に不幸があった時などには、一定の期間、肉を食べない習慣があります。四十九日の忌明けに、肉類などを使った「精進落とし」をみんなで食べて、通常の生活に戻るという手順を踏むことは、いまも続けられています。最近では、時間などの都合上、火葬から戻ってきた段階で精進落としを行なうのが一般的になりつつあります。