ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

有機野菜?オーガニック?有機農産物の安全性と認定基準とは

レストランでも最近よく見かけるようになった「有機野菜」「オーガニック」という言葉。みなさんはどういう意味かご存じでしょうか? なんとなく「安全そう」「おいしそう」と思ってしまいますが、この言葉を謳うためには、果てしない農家の努力があるようです。どんな基準が設けられているのか、ご紹介します。

有機野菜ってどういう意味?

有機野菜ってどういう意味?

「有機野菜」は、正式には「有機農産物」「特別栽培農産物」と呼ばれています。栽培した農作物に対して「有機農産物」という表現を使うためには、非常に細かく厳しい認定基準が定められています。その代表的な基準が、「原則として農薬や化学肥料を使わず、播種または植付前2年以上は農薬や化学肥料を使用していない土地で栽培する」、「遺伝子組み換え種苗は使用しない」というものです。これは農家の方々にとっては、死活問題となるような厳しいハードルです。何もしなければ、害虫が発生したり、土地が枯れてしまったりすることもあり得るのです。しかし、それを乗り越えて有機農法を実践したら、今度は有機JASマークを貼って出荷しなければなりません。このマークを貼るためにも、基準を満たしているかどうかの検査を受けなければならないのです。このマークが貼られていないのに、「有機」「オーガニック」を表示するのは、法律違反となり罰せられます。消費者の側もその点は注意しなければなりません。農家の方々の苦労を考えれば、有機野菜と表示された野菜が高くても納得できそうです。

まぎらわしい表示に注意!

まぎらわしい表示に注意!

スーパーの店頭を見ると、「有機農産物」に似た表示がたくさん出ています。これはどういうことなのでしょう。表示とその意味するところを比較してみましょう。

減農薬栽培
特別栽培と表示されるもので、農薬の使用は通常より50%減らしているという意味です。
無農薬栽培
認定制度などによって定めたものではなく、種や肥料にどのようなものが使われているかは、わかりません。ただし、化学合成の農薬を使用していないものが多いようです。
自然農法
認証制度はありませんが、種には自然農法で取ったものを使用し、農薬や肥料を使用しないものが多いようです。

また現在は、「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」という表現はできなくなっています。野菜を買う時だけでなく、レストランのメニューなどに書いてある表現などにも注意を向けたほうがよさそうです。