ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

日本の肉食文化の始まりは明治時代?

明治時代になると西洋文化の流入とともに、肉食文化も日本人の間で広まるようになりました。福沢諭吉は「肉を食べないヤツは、時代遅れだ」と言わんばかりの論文を新聞誌上に発表したほどです。肉食は日本の食文化の開化を象徴するものだったのです。

牛鍋屋の登場

牛鍋屋の登場

明治以前も山の猟師などは野生の動物をしとめて、食べることがあったようです。それを農機具の鋤(すき)に載せて焼いたことが、すき焼きのルーツだとの説があります。このすき焼きも明治時代生まれですが、それ以前は、明治維新とともに登場した牛鍋屋に、新しいモノ好きの文士などが集まって、鍋をつついていたようです。牛鍋にはブツ切りの牛肉が使われ、独特の強い香りを消すために味噌で味付けをしていたようです。肉も硬く、あまり質のいいものではなかったそうです。

牛鍋を進化させたすき焼き

牛鍋を進化させたすき焼き

この牛鍋ブームに反応したのが、現在はブランド和牛の産地として知られる松阪市のあるお店です。東京で料理の修行を積み、故郷へ帰ったところ、そこにはおいしい和牛がたくさんいたのです。これなら、醤油味でも十分においしいのではないか…と考え、薄く切った肉を焼いて醤油ベースの割り下で味付けするスタイルを考案したのです。明治13年のことでした。伊勢神宮に近いこともあり、多くの人がこの店に立ち寄り、すき焼きを食べ、故郷で自慢話をしたのでしょう。徐々にすき焼きと肉食は庶民の間にも浸透していったのです。

はいからな洋食屋さんも人気に

はいからな洋食屋さんも人気に

ビーフシチューやカツレツなどを提供する洋食屋さんもすき焼き店には負けていられません。こちらは明治に年号が変わる前の1866年に東京神田で店をオープンさせています。西洋料理の中に日本独自の発想を組み入れた和洋折衷のはいからなメニューを提供していました。また、明治時代の海軍も肉食と洋食の浸透に貢献した人びとでした。というのも、日本ならではのドロッとしたカレーは、船の上でもこれぼれないカレーをつくろうと考えた軍艦のコックさんが編み出したと言われているのです。いずれにしても、肉食が短期間で庶民の間に定着したのは確かです。きっと、始めて食べた人も「おいしい!」と感じたに違いありません。明治の人たちが肉食が好きでホントに良かったですね。そのお陰で、今、私たちはおいしいお肉や洋食を食べられるのです。