ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

年末の行事食は体に良い!?健康に効く行事食をご紹介!

お正月という大きな節目を迎える前の年末は、忙しさと寒さで体調を崩しがちです。寒さが厳しくなるこの時期には、身体を温めて無病息災を願う、様々な行事食があります。由来を知ると、験を担ぐためのものもありますが、科学的に理にかなったものが多いので、健康に冬を乗り越えるために活用しましょう。

冬至のかぼちゃは大切なビタミン源

冬至のかぼちゃは大切なビタミン源

12月22日頃、1年で1番昼の時間が短い冬至は、本格的な寒さに対する準備をする日とされています。冬至の行事食として一般的に良く知られているかぼちゃには、ビタミンAやカロチンが豊富に含まれており、皮膚や粘膜を強くして風邪を予防するのに役立ちます。さらに冬に起こりやすい、中風(脳血管疾患)の予防にも効果があると言われています。長期保存が利くかぼちゃは、夏に収穫して冬に食べられる貴重な野菜だったこともあり、大切な行事食となったようです。

冬至の七種

冬至の七種

冬至の行事食としては、かぼちゃを含めて「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれる物があります。かぼちゃは「南京(なんきん)」と呼ばれ、他にはにんじん、れんこん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん(うどん)の7種類。冬至には「ん」がつく物を食べることで、運を呼び込めると言われており、「ん」が2回つく食べ物が行事食となっているのです。にんじんにはカロチンが豊富ですし、れんこんやきんかんには風邪を予防するビタミンCが多く含まれています。きんかんとぎんなんは咳止めの効果があるとされ、水溶性食物繊維の固まりのような寒天はコレステロールの排泄に役立ち、脳卒中を予防します。冬に食べる温かいうどんは、身体を温めて免疫力を高めることにつながります。また、地域によっては豆腐やこんにゃく、唐辛子を食べる習慣がある場所もあり、風邪の予防や体力をつける意味があり、先人の知恵が現れています。冬至の行事食は、寒い冬を乗り切るためのおいしい風習なのです。

年越しそばは年内に食べよう

年越しそばは年内に食べよう

大晦日の12月31日は、年越しそばを食べて新しい年を迎えます。年末の風物詩ともなっている年越しそばの風習は、江戸時代頃から始まりました。金銀の細工師が金粉を集めるのにそば粉を使ったことから、金を集める縁起をかついで始まったという説があります。また、そばは細長いことから、長寿を願ったものという説もあり、この2つが特によく知られています。他にも鎌倉時代に博多の承天寺で、年の瀬を越せない町人に「世直しそば」と言って、そば餅を振る舞ったことなど、諸説あるようです。そばは切れやすいので、1年の労苦を忘れられるように、という意味もあるそうで、年を越して食べないようにしましょう。ちなみに、初詣は年籠りと言う、一家の主人が神社に籠る習慣が元になっており、現在でも大晦日の夜は寝ないで初日の出を待つのが正しいとされています。寝てしまうとしわができるとか、白髪が生えると言われており、特に女性にとっては気になる言い伝えが残っています。