ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

年中行事のときに食べる特別な行事食をご紹介

日本では毎年、節句など四季折々の年中行事のときに、行事食として普段とは違うごちそうを用意してきました。行事食は本来、神様に供えるためのものですが、体調をくずしやすい季節の変わり目に、旬の物を食べることで栄養や休息をとる、生活の知恵でもありました。地域によって風習などが違うこともありますが、様々な由来があり、願いが込められています。

女の子の成長を願うひな祭り

女の子の成長を願うひな祭り

3月3日の桃の節句は、桃の生命力にあやかって女の子の健やかな成長を願う、ひな祭りとして知られています。ひな人形を飾り、伝統的なお祝い料理を用意してお祭りを楽しみます。女の子の節句らしく、華やかなちらし寿司には、長生きを願うえび、見通しのよいれんこんなど、縁起の良い具材を使います。はまぐりのお吸い物も定番のメニューで、二枚貝は対になっている貝殻でないとぴったりと合わないことから、結婚の縁起物とされています。

また、ひな人形にお供えする菱餅やひなあられも、行事食と言えます。菱餅は桃色、白、緑の三色の餅を菱形に切って重ねたものが一般的で、桃色は魔除け、白は清浄、緑は健康をイメージしているとされています。また三色を重ねることで、「白い雪がとけて大地に緑が芽生え、桃色の花が咲く」という意味があるという説もあります。ひなあられも同じ三色のものが多く、自然のエネルギーを授かって、健やかに成長できるようにという願いが込められているそうです。

柏餅は子孫繁栄

柏餅は子孫繁栄

桃の節句と並んで、男の子の節句とされているのが5月5日の端午の節句です。もともとは古代中国の楚という国で、人望のあった屈原という政治家が、失脚して汨羅江に身を投げたときに、ちまきを投げて供養したのが始まりとされています。この故事から、端午の節句にちまきを作るようになったと言われています。また、菖蒲や蓬を軒先にさして、邪気を払う風習ができ、それが端午の節句の行事とともに日本にも伝わって、菖蒲湯に入る風習などが残っています。

端午の節句のお供え物として、柏餅もありますが、こちらは日本独自の風習です。柏の木は神の宿る神聖な木とされ、新芽が出てから古い葉が落ちることから、家系が途絶えないという、子孫繁栄の意味が込められています。中身のあんには、つぶあんやこしあんの他、白あんに白みそを混ぜたみそあんを使うこともあります。

様々な行事食

様々な行事食

日本の年中行事では、桃の節句や端午の節句の他にも様々な行事食があります。2月3日の節分では、福豆と呼ばれる炒り大豆を、年齢の数だけ食べる風習があります。穀物には生命力があり、魔除けの力があると考えられているのです。また、関西を中心に、その年の恵方を向いて太巻きを食べる風習もあります。最近では、コンビニエンスストアやスーパーなどで販売され、全国的に有名な行事食となっています。

夏になると、飲食店などでは盛んにうなぎフェアが開催されます。夏の土用の丑の日には、暑さを乗り切る栄養をつけるために、うなぎを食べる習慣があります。丑の日に「う」のつく物を食べると、夏バテしないという言い伝えがあり、梅干しや瓜なども食べられていたそうです。

何気なく食べていた行事食にも、様々な由来があるものですね。由来を知ると、行事食をより楽しく、おいしく食べられるのではないでしょうか。