ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

お正月に食べるおせち料理!おせち料理は縁起の良い料理

お正月は、その年の豊穣を司る歳神様をお迎えして、祝う行事です。本来は1月のことを正月と言い、地方等によって違いはありますが、1月1日から3日までを三が日、7日までを松の内と言うことが多いようです。お正月は日本の年中行事のなかで、最も古くからある行事と言われ、様々な行事食があります。

お正月といえばおせち料理

お正月といえばおせち料理

お正月の行事食といえば、なんと言ってもおせち料理です。それぞれの家庭の味もありますが、お店で注文することもあります。どちらにしても、毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。おせち料理は、もともと季節の変わり目の節句に、神様にお供えした食べ物でした。なかでも、お正月が最も重要な節句であることから、お正月料理のことをおせち(お節)料理と言われるようになったのです。おせち料理はお正月の三が日に食べる、保存の利くごちそうであり、縁起物でもあります。それぞれの献立には、家族の幸せを願う由来があります。

黒豆(黒豆の煮物)
黒く日焼けするほどマメに働けるように、無病息災を願ったものです。
田作り(イワシの幼魚の佃煮)
田の肥料に乾燥したカタクチイワシが使われていたことから、五穀豊穣を願ったものです。
数の子(ニシンの魚卵)
ニシンは二親に通じ、卵の数が多いことから、子宝と子孫繁栄を祈るものです。
栗きんとん
きんとんとは金色の団子という意味で、豊かな1年を願ったものです。
えび
ひげが長く、腰が曲がったえびは長寿を祈願した縁起物です。
紅白なます(大根と人参のなます)
大根と人参の紅白を、お祝いの水引に見立てた縁起物です。

多種多様なお雑煮

多種多様なお雑煮

お正月の行事食として、お雑煮も欠かすことはできません。お雑煮は、お餅を入れた汁物料理です。お餅はもともとお祝い事や特別な日に食べる物で、歳神様にお供えしたお下がりをいただくのがお雑煮です。お雑煮を食べるのは、沖縄などを除いて全国的な風習となっていますが、具材や味付けなどは、地域や家庭によって違いがあります。お餅は、関東では焼いた切り餅を入れるのに対して、関西では丸餅を入れて煮るのが一般的なようです。また、汁はすまし仕立て、みそ仕立て、小豆雑煮などがあり、関東や九州などではすまし仕立てが多く、京都など関西では白みそ仕立てが多くなっています。他にもあわせ味噌を使ったり、地域の特徴的な具材を入れることもあり、ひとくちに「お雑煮」と言っても多種多様ですね。

七草粥と小豆粥

七草粥と小豆粥

1月7日は五節句のひとつの人日の節句で、節句料理として七草粥を食べる風習が残っています。お雑煮と同じく、地方によって食材が違う場合がありますが、一般的にはせり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろという、春の七草を具材にしたお粥を食べ、無病息災を祈年します。それぞれが生薬として用いられているので、薬膳的な効果が期待でき、柔らかく煮たお粥にすることで、お正月に食べ過ぎた胃を休めるためとも言われています。

また1月15日の小正月には、小豆粥を食べて疫病を払う風習があります。小豆の赤色が呪術と結びつけられ、厄よけのまじないとなったと言われています。お祝い事で炊かれる赤飯と共通点が多く、同じ風習から生まれたと考えられています。

七草粥も小豆粥も、最近ではあまり食べないという方も多いかもしれませんが、伝統的な行事食として、用意してみてはいかがでしょう。