ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

日本のクリスマスケーキ

日本人が一年のうち一番ケーキを食べる日と言っても過言ではないのが伝統的行事のクリスマス。毎年多くのクリスマスケーキが店頭に並び、サンタクロースの衣装を着た店員さんが声かけをしている様子は、クリスマスの風物詩として日本では当たり前の光景となりました。そんな日本の冬の定番スイーツであるクリスマスケーキを紹介します。

日本で最初のクリスマスケーキ

日本で最初のクリスマスケーキ

今や日本のクリスマスには欠かせない存在となったクリスマスケーキですが、そのルーツは古く、明治43年に初めて日本でクリスマスケーキが販売されたと言われています。そして日本初のクリスマスケーキを作り、火付け役となったのが、ペコちゃんでお馴染みの菓子メーカー「不二家」です。明治43年、「不二家」創業の年のクリスマス、プラムケーキにフォンダンのコーティングを施し、銀玉をつけたシンプルなケーキが売り出されました。これが日本における元祖クリスマスケーキとなり、後にショートケーキが売り出され、大正22年頃からイチゴやチョコレート、砂糖細工のサンタクロースやツリーなどで華やかに飾りつけをしたクリスマスケーキを売り出し、これが全国へと広まっていきます。「不二家」は日本のクリスマスケーキ文化を誕生させたパイオニアであり、日本のスイーツを語るうえで欠かせない存在となっています。

世界のクリスマスケーキを食べてみよう

世界のクリスマスケーキを食べてみよう

日本でクリスマスケーキといえば、スポンジケーキに生クリームをコーティングし、イチゴをトッピングしたケーキが一般的ですが、世界では、様々なケーキやスイーツがクリスマスを彩っています。

フランス"ブッシュ・ド・ノエル"
日本のクリスマスでも定着化しつつあるチョコレートでコーティングされた丸太型のケーキ。本場フランスでは、メレンゲで作ったマッシュルームの飾りが添えられていることが多いです。
ドイツ"シュトレン"
ドイツで伝統的な焼き菓子として食べられているシュトレンは、生地にナッツやドライフルーツがたっぷり使われている食べ応えあるスイーツです。薄く切ったシュトレンを、クリスマスの一ヵ月前から一切れずつ食べていくのが本場ドイツ流です。
イギリス"クリスマスプティング"
ブランデーに漬けたドライフルーツやナッツをスパイスと生地に混ぜ込んで蒸し上げたスイーツです。蒸してから数ヵ月熟成させるため、イギリスでのクリスマススイーツ作りは秋から始まります。クリスマス当日にはフランベ(調理の最後にアルコール度数の高い酒を入れ、一気に燃やしてアルコール分を飛ばし食材に香りを付ける調理法)したり、クリームをかけて食べるオシャレなスイーツです。