ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

コーヒーの豆知識

コーヒーの木になる豆を乾燥させ、焙煎したものを砕いてお湯で抽出します。様々な豆の種類と焙煎の仕方で味が変わるのですが、本格的なカフェには聞いたことはあるけれど、意味を聞かれると説明できない言葉があふれています。好みのコーヒーを迷わず注文できる豆知識を集めてみましょう。

主な豆の種類を知っておこう

主な豆の種類を知っておこう

それなりに本格的な感じのコーヒーショップに入ってみたものの、どの豆を選んでいいかわからない…なんてことにならないように、主なコーヒー豆の特色を覚えておきましょう。

ブルーマウンテン
最高級とされ、人気の高い豆。高い香りとマイルドな口当たりで苦みと酸味のバランスも良く、後味も爽やか。
キリマンジャロ
酸味が際立つ独特の味わい。食後に砂糖やミルクを入れずに飲めば、さっぱりする。ただし、好き嫌いが分かれる。
マンデリン
コーヒーの酸味が苦手な人から圧倒的な支持を受けている豆。苦みとコクが楽しめ、豊かな余韻が残る。
モカ
芳醇な香り、甘味、コクのバランスが高い支持を受けているコーヒー。これしか飲まないというファンが多い。
グアテマラ
酸味の中にこっくりとした味わいが楽しめる豆。今日はコーヒーが飲みたい!という積極的な気持ちに応えてくれるコーヒー。
コロンビア
飲むとなぜかホッと肩の力が抜けるようなバランス感覚の良さ持ち味。価格も庶民の味方の範囲であることが、豆の人気を支えている。

焙煎度で変わる豆の持ち味

コーヒーの味は、豆の煎りの度合いによって全然違うものになります。色は浅いほど緑色を帯びた茶色で、深くなるにつれ黒に近い褐色へと変化していきます。たいてのお店では、オーナーがもっともおいしいと感じる状態で焙煎していますが、メニューの中に浅煎りと深煎りがある場合もあります。どちらを選べばいいのか迷ってしまいますが、ひとつ目安は酸味です。浅いほど酸味が強く、深いほど酸味は抑えられていきます。その逆で苦みは浅いほど弱く、深いほど強くなります。ストレートで飲むのであれば、あまり深すぎない焙煎が向いていますが、ミルクと砂糖を入れて楽しむのであれば、深煎りのほうが味が引き立ちます。その時々で飲みたい深さを選べるようになれば、一歩前進です。今度、どこかのコーヒーショップを訪れ、プロがきちんと淹れてくれたコーヒーで飲み比べをしてみてはいかがでしょう。実際に飲んでみれば、その違いの大きさに驚くはずです。