ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

世界三大紅茶をご存知ですか?それぞれの特徴をご紹介!

紅茶は、世界でもっとも消費されているお茶です。紅茶を制覇せずしてお茶を語る資格はありません。まずは世界三大紅茶のことを理解しておきましょう。この3種は様々なブレンドティーのベースにもなる個性豊かな紅茶です。味と香りの特徴をつかんでおけば、ブレンドティーをオーダーする時にも応用できます。

日本人好みのダージリン

日本人好みのダージリン

インドで獲れる最高級の紅茶です。何種類かの茶葉から好きなものを選んで注文できるカフェのメニューの筆頭に載っているのは、ほとんどがこのダージリンです。おそらく、日本人の口に合うからでしょう。お茶の色は薄めですが、マスカットを思わせるフルーティな香りと深い味わいは、どこか緑茶に共通するものを感じます。また、茶葉の収穫時期によってファーストフラッシュ(一番摘み)、セカンドフラッシュ(二番摘み)、オータムナル(秋摘み)があり、それぞれにまったく違う味わいが楽しめるのもダージリンの特徴です。ストレートで飲む場合は、セカンドフラッシュが最高級とされていますが、オータムナルをミルクティーでいただくのもなかなかオツなものです。

花のような優雅な香りを楽しむウバ

昼と夜の気温差があるスリランカの高地で栽培されるためでしょうか、バラをイメージさせる甘い香りが特徴的な紅茶です。この香りのグレードによって、紅茶の価格も変わってくるようです。切れ味のいい渋みと甘い香りのバランスの良さが、紅茶通のハートをつかんでしまいます。お茶の色は、まさに紅茶と呼ぶべき明るい深紅です。最高級のウバ茶が出回るのは、7~9月ごろ。このシーズンを世界中のファンが待ちかまえています。

東洋的な深い香りのキーモン

中国でごくわずかだけ作られている稀少な紅茶です。「キーマン」「キームン」と呼ばれることもあります。東洋的なお香のようなスモーキーな香りが独特で、一度これを飲んだらほかの紅茶がかすんで見える、というファンもいます。古くからイギリス人に重用され、20世紀初頭に英国王室の皇太子殿下御用達だったブレンド・ティーには、必ずこのキーモンがブレンドされています。ストレートでいただくと、豊かな香りと深い味わいが楽しめますが、少し濃いめのミルクティーも絶品です。品質がもっとも良いとされるのは8月ですが、稀少な紅茶なので、どこかで出会ったら、ぜひ一度試してみて下さい。それまでの紅茶のイメージがガラリと変わってしまうかも知れません。