ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

日本三大洋食の一つ、とんかつ!とんかつの誕生に秘められた日本人ならではのアイデア

様々な料理が家庭の食卓を賑わすようになった昨今でも、「とんかつ」は、今も変わらずごちそうメニューのひとつではないでしょうか? また、美味しいとんかつのお店に行くことは、外食のひとつの楽しみです。そんなとんかつは、洋食が一般化し始めた大正期、カレーライスやコロッケとともに日本の三大洋食に数えられました。そう、名前からもわかるように、とんかつは日本生まれの洋食です。

ビーフコートレットから「とんかつ」へ

ビーフコートレットから「とんかつ」へ

老若男女から愛されているとんかつにまつわるエピソードを集めてみました。とんかつには、食にこだわる日本人ならではのアイデアがいっぱい詰まっています。

天ぷらを参考に生まれた「ポークカツレツ」

とんかつが誕生したのは、1895年(明治28年)、東京の銀座に創業した洋食レストランにおいてです。お店の名は、「煉瓦亭(れんがてい)」。今も営業を続ける老舗洋食屋で、洋食メニューのいくつかはここから生まれたと言われているお店です。

まだ西洋料理が一般的ではない時代のことですから、創業当時の煉瓦亭は、庶民には高根の花のお店でした。そこで、当時のオーナーの木田元次郎さんが、「ひとつ、庶民がもっと気軽に食べられて美味しいメニューを考えよう」と考案したのが、「ポークカツレツ」でした。

ポークカツレツは、西洋料理の牛肉に衣をつけて揚げた「ビーフコートレット」という料理をアレンジしたものです。木田さんは、最初から豚肉を素材として考えていたわけではなかったようで、日本の天ぷらの要領で、様々な素材に衣をつけて揚げてみることから始めたと言われています。そして試行錯誤の末にたどり着いたのが、牛肉ではなくて豚肉でつくったポークカツレツだったというわけです。それは、日本に豚肉の食習慣が定着して間もないころのことです。非常に珍しい食べ物として人々の目に映ったのではないでしょうか。

その後、このポークカツレツは、他のお店で「とんかつ」へと覚えやすい名前に変えられ、日本に定着していきます。

付け合せの野菜は、なぜキャベツの千切りに?

とんかつといえば、付け合せはキャベツの千切りというのが一般的です。確かにとんかつとキャベツの組み合わせは名コンビと呼ぶにふさわしいものですが、実は、これは考え抜いてそうなったというものではなく、最初は"仕方なく"だったというのです。

ポークカツレツが煉瓦亭に登場した当初、ポークカツレツに添えられていたのは温野菜でした。しかし、日清戦争が起こり、従業員が徴兵でとられてしまうと、付け合せをつくる人出が足りません。そこで、仕方なく、人手がなくても簡単に添えられる野菜として考え出されたのがキャベツの千切りだったというわけです。しかし、苦肉の策が相性抜群なのですから、何が功を奏するかわかりませんね。

≪とんかつこぼれ話≫「カツカレー」誕生秘話

日本三大洋食のうちの2つを組み合わせた"黄金の洋食"があります。それは、カレーの上にポークカツレツを乗せた「カツカレー」。今でもパワー系の料理として、若者はもとより多くの人に愛される一品ですが、このカツカレーの誕生には、こんなエピソードがあります。

現在も銀座にあるレストラン「グリルスイス」に、1948年(昭和23年)のある日、常連客の読売巨人軍の名二塁手・千葉茂さんが食べにやってきました。千葉さんはいつものようにカレーを注文しようとしたときに、ふと思いついて、「カレーだけだと物足りないので、上にカツレツをのっけておくれ」と言ったそうです。これが、まさにカツカレーが誕生した瞬間だったのです。

これを機に、グリルスイスでは、メニューにカツカレーを加え、これが他へも広がっていったのです。グリルスイスのお店の壁には、今も、「カツカレーは勝利の味がする」と書かれた千葉選手のメッセージが飾られています。