ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

ハワイ料理のあれこれ

ハワイは、日本人にとって、最も身近な海外の観光地のひとつです。その食文化もまた、興味のあるところですが、ハワイ料理と聞いて、いくつか思い浮かぶでしょうか? 代表的なものをいくつか紹介しましょう。

ロコモコ

ロコモコ

ハワイ料理といえば、一番に思い浮かぶのがこの「ロコモコ」ではないでしょうか。「ロコモコ」は、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きを乗せて、グレイビーソース(肉汁を煮詰めたソース)をかけたものを混ぜて食べるものです。南国の国ハワイらしい、ダイナミックなどんぶりと言えます。

スパムむすび

ハワイにも、実はおむすびがあるのです。それが、「スパムむすび」です。スパムとはハムの缶詰のことで、これをおにぎりの上に乗せ、海苔で巻いたものです。

ポキ(ポケ)

日本人にも食べやすく、ハワイのいたるところで食べられるのが「ポキ」です。ポキとは「魚を小さく切る」という意味で、マグロやサーモンなど、いろいろな魚のポキがあります。この魚介類の切り身に、塩、醤油、食用油、海藻、香味野菜などを混ぜ込んで、調理した調理のことです。ハワイ人には、日本人と同じように、生魚を食べる習慣があり、獲れたての魚を捌き、塩で味付けして海藻などと共に食べるということが昔から行なわれていたのです。19世紀後半から、日本の移民が増えるしたがって、この文化がさらに発達してバリエーションが増え、ポキはハワイ料理を代表する一品になったようです。

ロミロミサーモン

ポキの類似の食べ物です。サーモン、玉ねぎ、トマト、ネギなどを小さく切り、塩で揉んだものです。ハワイのマッサージとして、ロミロミマッサージが有名ですが、「ロミロミ」とは、「揉む」という意味です。ロミロミサーモンは、特別な席などで用意されるハワイ料理のひとつです。

カルーア・ピッグ

「カルーア・ピッグ」は、古くから伝わるハワイの伝統料理のひとつです。バナナの葉で豚を丸ごと包み、土中で蒸し焼きにするという、極めて原始的な料理です。主の味付けは塩だけですが、かなりの美味しさです。