ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

世界中で愛されるファストフード「ハンバーガー・ホットドッグ」

ハンバーガーとホットドッグは、世界中で愛される二大ファストフードです。これらはどのように生まれたのでしょうか。それぞれのはじめて物語を紹介しましょう。

同じ場所で生まれた「ハンバーガー」と「ホットドッグ」

同じ場所で生まれた「ハンバーガー」と「ホットドッグ」

ハンバーガーの由来についてはいくつかの説がありますが、よく知られているのは、1904年アメリカで開催された「セントルイス万国博覧会」の会場で、ある店がハンバーグをサンドイッチのように丸いパンに挟んで売り出したのが始まりだと言われています。このセントルイス万国博覧会では、アイスクリームのコーンも初めて登場したと言われています。食器が要らず、見物しながら食べられるものとして考え出されたのかもしれません。

実は、この同じ会場で、一人のソーセージ売りが頭を抱えていたのです。熱々のソーセージを客が食べる間、やけどをしないようにと貸した手袋を、客たちはみんな持っていってしまうからです。そこで彼は、苦肉の策として、手袋の代わりに、ロールパンにソーセージを挟むことを思いついたというのです。これがホットドッグの料理としての誕生だと言われています。

ただ、ホットドッグという名前が付けられたのは、さらに20数年後のことです。「ホットなダックスフント・ソーセージはいかがですか?」という野球場の売り子の声に、ある漫画家がパンにはさまれたダックスフントの絵を描きました。しかし、ダックスフントのつづりがわからなかったため、ホットドッグと書き込んだのが、この奇妙な名前の由来のようです。

これらは、ハンバーガーとホットドッグの誕生伝説の中で、最もよく知られているもので、実際のところ、真実であるかどうかはわかりませんが、同じ場所で、ハンバーガーとホットドッグが誕生していたというのは、当時の様子を想像して、少しワクワクしてくる楽しさがある誕生物語ではあります。

ハンバーガーによるファストフード店の始まり

では、現在のようなチェーンスタイルのハンバーガー店が誕生したのは、いつだったのでしょうか?

このスタイルは、1921年にカンザス州で始まります。本格的な展開のきっかけは、1948年にカリフォルニア州でマクドナルド兄弟の経営するドライブインでメニューにハンバーガーを加え、たいへんな人気店となったことです。そう、あのマクドナルドです。その後、1955年にイリノイ州シカゴに第1号店をオープンしたのを皮切りに、半世紀を経た今、ハンバーガーは世界中で人気のファストフードとなったのです。