ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

ベトナム料理はとても日本人に合っている?日本人に愛される理由とは

ベトナム料理は、中国の食文化の影響を強く受けていることや、フランスの植民地時代があったことで、東南アジアの中ではマイルドな味付けが特徴となっています。刺激的な辛さや独特のクセが少ないので、日本人でも食べやすいことから、日本でもベトナム料理を出すお店は多くなっています。

お米が基本のベトナム料理

お米が基本のベトナム料理

ベトナムの主食は、日本と同じくお米です。ただし、お米の種類は少し違い、長粒米と呼ばれる細長いお米が主流で、炊いたお米の上におかずをのせたり、スープをかけたりして食べられています。また、お米から作った麺類やライスペーパーも料理によく使われ、ベトナム料理では、お米が基本中の基本となっています。

調味料では、ヌクマムという小魚を塩漬けにして発酵させた魚醤が、様々な料理に使われています。また、ミントやコリアンダーなどの香草が多用されることも、ベトナム料理の特徴のひとつとなっています。

それぞれの地域で発達した食文化

それぞれの地域で発達した食文化

南北に長いベトナムでは、地域によって気候や環境が大きく違うため、それぞれの地域で食文化が発達していきました。南部は、砂糖を多用し、ココナッツミルクなどもよく使うことから全体的に甘い味付けで、生野菜や香草が食材として使われています。中部では、唐辛子などを使った比較的辛い味付けで、米粉を水で溶いて蒸した料理や、かつて王朝が置かれていたことから宮廷風の料理が名物となっています。中国に隣接する北部は、塩や醤油を使った料理が多く、日本人好みの味と言われています。

フォーはベトナムの国民食

フォーはベトナムの国民食

ベトナム料理で最も有名な麺のひとつに、フォーが挙げられます。日本でも人気が高い料理なので、口にしたことがある人も多いかもしれませんね。フォーの麺は、小麦ではなくお米でできていて、細く切った平打ちタイプです。牛の骨からダシをとったスープで牛肉を乗せたものをフォー・ボーと呼び、鶏ガラスープで鶏肉を乗せたものはフォー・ガーと呼ばれています。フォーも地域によって味が異なり、北部ではシンプルな盛りつけが多いのに対して、南部では香草類がたっぷりと入っています。

また、ベトナムでゴイクォンと呼ばれている生春巻きも、日本でよく食べられているベトナム料理です。ライスペーパーで、レタス、香草、ビーフン、ニラ、豚肉、エビなどの新鮮な食材を包み、タレをつけて食べる、とてもヘルシーな料理として、女性を中心に人気となっています。近頃は、日本の居酒屋のメニューなどでも見ることができるようになりました。

ベトナムの食文化とテーブルマナー

ベトナムの食文化とテーブルマナー

ベトナムは中国の支配を受けていたことから、料理でも炒める、蒸す、煮るなど中華の手法が取り入れられ、フランスの植民地時代にコショウなどの香辛料や洋野菜などを栽培したため、様々な食材を様々な手法で調理しています。テーブルマナーは堅苦しくないので、旅行や出張などでベトナムを訪れたときには、気軽に料理店に入ってみましょう。スープや麺類を食べるときは要注意です。器に口をつけて汁を口に入れることはマナー違反なので、レンゲやスプーンを使って下さい。