ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

インドネシア料理で食欲アップ!香辛料「サンバル」に含まれる効果とは

インドネシアは大小様々な島で構成される共和国で、島々は赤道をまたがる形で散在しています。豊かな海に囲まれており、なかでもジャワ島やスマトラ島、バリ島などは、有名なリゾート地として観光客から人気があります。また、インドネシア料理の人気も高いです。

暑い国で生まれたエスニック料理

暑い国で生まれたエスニック料理

インドネシア料理は、日本にも専門店があり、エスニック料理のひとつとして注目されています。インドネシア料理の特徴は、気温が高い日でも食欲が落ちないように、香辛料を利かせた料理が多いこと。なかでも、インドネシア料理に欠かせない辛味調味料なのが、サンバルです。唐辛子、玉ねぎ、エビのペーストなどで作られた調味料で、炒めものから煮込み料理まで、幅広く使われています。インドネシアでは、各料理店はもちろん、どの家庭にもある調味料なのですが、地域や家庭によって合わせる食材が変わるため、バリエーションに富んだサンバルが存在しています。また、気温の高いインドネシアでは食材が傷んでしまいやすいので、生食は少なく、揚げものや炒めものの料理が基本です。赤道付近に位置する国だからこその工夫が息づいています。

ナシゴレンは人気ナンバーワン

ナシゴレンは人気ナンバーワン

代表的なインドネシア料理として、日本で最も人気があるのは、ナシゴレンではないでしょうか。インドネシア語で、ナシは「ご飯」、ゴレンは「揚げる、炒める」という意味。つまり、ご飯を炒めたチャーハンに似た料理です。特徴は、サンバルや、ケチャップマニスという大豆や小麦を発酵させた甘いソースなどを使うことと、目玉焼きとトマトやキュウリなどのサラダを同じ皿に盛り付けることです。ナシゴレンは、サンバルのピリッとした辛さが食欲をそそる料理です。

イスラム教徒が多数を占めるインドネシア

イスラム教徒が多数を占めるインドネシア

インドネシア共和国は数々の島から成り立っていて、島によって文化や民族が異なりますが、国民の大多数がイスラム教徒です。そして、キリスト教、ヒンドゥー教が続きます。そのため、食文化にも宗教の教えが根付いていて、イスラム教で神聖とされる牛や、ヒンドゥー教で汚れたものとされる豚が料理されることは、ほとんどありません。

また、右手を「浄」、左手を「不浄」とする慣習があるため、左手で人と握手をしたり、頭をなでたり、食べ物を持ったりすることはNGです。旅行などでインドネシアに行かれる際は、気をつけて下さい。

料理を手にするときは、必ず右手

料理を手にするときは、必ず右手

インドネシアでは、スプーンとフォークを使って食事をとります。右手でスプーン、左手にフォークを持つようにしましょう。なお、スプーンやフォークを使わず、手で料理を口に運ぶことが一般的な地域もあります。そのときは、手をしっかりと洗って、右手で料理を手にとって下さい。初めは戸惑うかもしれませんが、慣れればきれいに食べることができるようになります。文化の違い理解した上で、食事を楽しむことができれば、インドネシアのことをより深く知ることにつながるでしょう。