ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

地域によって、中国料理のスタイルもいろいろ!

日本の約26倍もの広大な面積を有する中国では、多様な気候風土がその土地独特の食文化と名物料理を生むことになりました。ひとくちに中国料理といっても、地域によって味も調理法も多彩です。そこで、大きく東西南北に分けて、北京、上海、四川、広東の中国四大料理の特徴をご紹介しましょう。

こってり塩味が強い北方系「北京料理」

こってり塩味が強い北方系「北京料理」

中国の首都である北京は、元、明、清の時代も首都として栄えていました。長年にわたり文化の中心であったため、北京料理は満州族、モンゴル族などの少数民族の料理とも融合し、中国各地の風味を吸収した繊細な宮廷料理として発展しました。また、小麦を材料とする饅頭や麺類などの粉食メニューも充実しています。北方の寒冷地になるほど、塩味が強いのが特徴で、宮廷料理などの洗練された北京料理は、比較的あっさりとしています。

味の特徴
油をよく使い、塩辛くて、こってりとした味が特徴です。
代表的な料理
北京ダック、水餃子、羊肉の焼肉・しゃぶしゃぶ など

黒酢で甘酸っぱい東方系「上海料理」

黒酢で甘酸っぱい東方系「上海料理」

長江の流れに沿って大小の湖沼が点在する東方地域は、エビ、カニ、淡水魚といった魚介類が豊富です。また、長江が海にそそぐ上海では、海の幸にも恵まれています。こうした水産物を活かした料理が多いのが特徴です。温暖な気候で米の産地でもあるため、米を材料とした料理が多く見られます。黒酢を使い、こってりと甘い、あんかけ料理も充実しています。

味の特徴
酸っぱくて、甘く濃厚な味が特徴です。
代表的な料理
上海蟹、小籠包、生煎饅頭、八宝菜 など

辛さが刺激的な西方系「四川料理」

辛さが刺激的な西方系「四川料理」

長江の中・上流域、湿度の高い盆地にある四川を中心とした西方地域は、湿気が多いので汗を流して体調を整えるために辛味と酸味が強い料理が発達したといいます。胡椒や山椒などの痺れるような辛さ「麻(マー)」と、唐辛子の辛さ「辣(ラー)」が、四川料理の味つけの大きな特徴です。

味の特徴
香辛料を多用した、辛さが特徴です。
代表的な料理
麻婆豆腐、エビチリ、担々麺、回鍋肉 など

さっぱり薄味な南方系「広東料理」

さっぱり薄味な南方系「広東料理」

昔から「食は広東にあり」といわれるように山海の食材が豊富で、こうした素材の味わいを活かすため、薄味なのが広東料理の特徴です。オイスターソースをよく使い、海鮮料理が多く見られます。また、健康を重視した漢方料理も特徴です。広東は日本でも人気の飲茶の発祥地であり、多彩な点心を楽しめるのが魅力です。

味の特徴
薄味で淡白、甘いのが多いのも特徴です。
代表的な料理
ふかひれスープ、かに玉、蒸しエビ餃子、飲茶・点心 など