ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

4千年の歴史を誇る!中国料理のルーツ

中国4千年の歴史といわれるように、中国は古来より高度な文化を築き上げてきました。食文化も同様に古い歴史があり、中国料理の伝統が今に受け継がれています。

中国最古のメニュー「周の八珍」

中国最古のメニュー「周の八珍」

秦の始皇帝が中国を統一する以前の紀元前1050年頃、周王朝の時代には、すでに宴会に出される会席料理があったといいます。これを8種類の料理からなる「周の八珍」といいます。その調理方法としては、焼く、煮る、酒漬け生物、野菜の塩漬けなどがあり、特に魚の照り焼きが大変好まれていたようです。

その後の三国時代でも、焼く、蒸す、煮る、乾す、漬けるといった調理が行なわれ、現代に続く中国料理の基本が、この時代にほぼできあがっていたようです。

日本の奈良時代にあたる随や唐の時代になると、さらに食の幅が広がりを見せます。当時の墳墓からは、副葬品として乾燥した状態の餃子やビスケット風の菓子などが出土されています。

現在の中国料理に多く見られる「炒める」「揚げる」といった調理法の起源は、日本の平安時代にあたる北宋の時代。磁器を作るための石炭窯を、料理用の炉やかまどとして使うようになって広まったといわれています。

西太后が毎日食べたという「満漢全席」

西太后が毎日食べたという「満漢全席」

中国を支配した最後の統一王朝である清の時代。中でも最も栄えた清の中期の皇帝であった乾隆帝(けんりゅうてい)は、膨大な費用をかけて南方巡察を行ない、江南地方の食文化を華北の都・北京に持ち帰りました。これが宮廷料理に画期的な影響を与えました。贅を尽くした宮廷料理「満漢全席」の起こりも、この乾隆帝の時代です。当時の宴席では、様々な出し物を観たりしながら、数日間かけて100種類を超える豪華な料理を順に食べたといいます。

こうした豪華な宮廷料理を愛したのが、清の末期に絶大な権力をふるった西太后です。彼女は大変な食通で、宮廷の料理人たちは彼女の意にそうようにと苦心して料理の腕をふるったそうです。その結果、中国料理が最高の水準にまで高められたとされています。

日本における中国料理の歴史とは

日本における中国料理の歴史とは

中国料理は、世界各地に移住した華僑の人たちによって世界中に広められました。日本に中国料理が初めて伝えられたのは、江戸時代初期の長崎です。当時は中国料理と西欧料理が融合した宴会料理の一種「卓袱(しっぽく)料理」や中国式の精進料理「普茶(ふちゃ)料理」が主なものでした。

一般の人たちが中国料理を食べるようになるのは、明治時代以降になります。鎖国政策が解かれたことで、華僑の人たちが、横浜、神戸、長崎などで中国料理店を開きました。その後、日本人の味覚に合うように独自の変化をして、中国料理は広く普及していきました。

現在、日本では「中華料理」と「中国料理」の2つの呼び方があります。この違いには諸説ありますが、「中華料理」は日本人向けにアレンジされた料理で、「中国料理」は本場中国の料理というのが一般的のようです。