ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

厳しい風土の中で育まれ、受け継がれてきたドイツ料理!その食文化には日本人にも共通する知恵があった!

ドイツビールを飲みながら、ザワークラウトやソーセージをつまんでいると、とっても幸せな気分になってしまいます。しかし、ドイツ料理を代表するメニューは、あまり知られていないようです。厳しい風土の中で育まれ、受け継がれてきたドイツの食文化には、意外にも日本人に共通する知恵がたくさん詰まっていました。

多彩な保存食に詰め込まれた先人の知恵

多彩な保存食に詰め込まれた先人の知恵

緯度の高い地域にあり、冬になると雪に閉ざされてしまう町がたくさん集まっているドイツでは、作物の収穫ができない季節を保存食で乗り切ろう考えた先人たちの知恵が食文化の中に詰め込まれています。その代表格がザワークラウトです。ザワークラウトは、酢漬けにした千切りキャベツのことで、いまでもドイツ料理には必ず添えられていますが、かつては寒い冬の貴重なビタミン源として欠かせない存在でした。また、肉を保存するために、ソーセージやハムに加工する技術が発達したため、ドイツレストランのメニューには、多種多様なソーセージが名を連ねているのが普通です。また、生のままで長期保存できる数少ない野菜としてジャガイモもよく使われ、ひと昔前までドイツの女の子たちは「じゃがいものフルコースを作れない子はお嫁に行けない」と言われて育ったくらいです。ドイツ料理独特のおいしさは、これらの保存食によるところが大きいようです。

旬の淡水魚やジビエも人気

とはいえ、ドイツの人たちも保存食ばかりを食べているわけではありません。マスやコイなどの淡水魚が養殖され、旬の時期になるとレストランのテーブルに並べられることも多いのです。また、日本人にとっては稀少で高価な野菜とのイメージがあるアスパラガスが春先から出回り始め、それを目当てにドイツを訪れる観光客もいるようです。その他、近隣の森でハンターがしとめたイノシシ、ウサギ、シカなどの肉、いわゆるジビエも比較的身近な食材として使われます。

ドイツのおもしろ食習慣

ドイツでは1日3食をバランス良く摂るというよりも、3食それぞれにメリハリをつけて食べる習慣が根づいているようです。朝食と夕食は質素なもので済ませて、昼食だけはたっぷり食べるのです。また、学校や職場に通っている人たちは、午前10時にコーヒーブレイクをとります。これは「第2の朝食」と呼ばれ、そのためのお弁当とお茶を持参する人も多いそうです。朝晩が質素とは言え、1日4食に分けて食べるのですから、栄養的には問題なさそうですね。ダイエットなどには、このほうが効果的なのかも知れません。一度トライしてみる価値がありそうですね。