ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

ピッツァはイタリアのお好み焼き?ピッツァの成り立ちとは

イタリアを代表する料理といえばピッツァ…ですよね?でも、イタリアンレストランのコースメニューなどでピッツァが出されるのを目撃したことはありますか? おそらく、みなさんの答えは「NO!」だと思います。なぜ、ピッツァはレストランでは登場しないのでしょうか? 本場イタリアで、現地の人びとはどのようにピッツァを楽しんでいるのでしょうか? 考えて見ると、ピッツァってとても不思議な食べ物です。ピッツァの謎に迫ってみましょう。

イタリアのレストランにはランクがある

イタリアのレストランにはランクがある

ピッツァの話の前に、イタリア料理を提供するレストランのタイプがいくつかのカテゴリーに分かれていることを知っておきましょう。と言っても、客観的な基準があるわけではなく、店のオーナーが「うちはこのタイプ」と決めて、営業しているということです。日本にあるイタリアンレストランも店名の前にタイプを示す以下のような言葉が付加されていることがあるので、知っておけばレストラン選びのヒントになります。

リストランテ
いわゆるレストランのことです。ドレスコードのあるような高級志向のお店のほとんどがこのタイプに入ります。ただし、中には比較的カジュアルなお店もあるので、返ってややこしい話になってしまうのですが、概ね「リストランテ」と名乗るお店は、値段もサービスも一流をめざしていると考えたほうが無難です。
トラットリア
リストランテより気軽な飲食店。ナプキンが布ではなく、紙を使用していることが多いようです。ただし、リストランテ同様に格式を重んじるお店もあるので、予約時に確認しましょう。
オステリア
ごく庶民的な食堂ですが、ワインが充実していてゆったりと食事を摂れる雰囲気のあるお店が多いようです。
エノテカ
ワインを中心としたお酒を楽しむ居酒屋のような存在。軽食も出しているお店が多い。
ピッツェリア
ピッツァ専門の軽食堂。ピッツァを焼く専用の窯を設えている。

本場のピッツァはナイフとフォークで食べるもの

前出のとおり、イタリアのピッツァはいわゆるレストランなどで提供されるのではなく、ピッツェリアという専門店で食べる軽食なのです。その理由のひとつは、専用の窯で焼かなければピッツァではないとの考え方が浸透していることが挙げられますが、窯のないお店はピッツァを出さず、窯をもつレストランなども存在しないのも事実です。したがって、本場イタリアにおけるピッツァは、お好み焼きのような存在だと考えればいいのかもしれません。お好み焼きは基本的にその専用の鉄板を設えた専門店で食べますよね? これとピッツァの感覚は似ているようです。さて、ピッツェリアで提供されるピッツァは円形のものが中心で、お客さんのオーダーに従い、さまざまな具が乗せてあります。これをナイフとフォークで食べるのが一般的で、日本でよく見かけるローラーの付いたピザカッターなどは使いません。また、ピッツェリアの中にはテイクアウトの専門店もあり、ピッツァの量り売りをしているお店もあります。イタリアの人たちにとって身近でなくてはならないソウルフードであることが、こうした販売形態の多様さからもうかがわれますね。