ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

パスタはソースとの相性が大事!種類によって違うパスタの楽しみ方

パスタの種類って、本当にたくさんありますよね?みなさんは、どれくらいご存知ですか?? 自分で料理するための数種類のパスタは把握していても、イタリアンレストランでアンティパストを頼む時には困ってしまうという人がきっと多いと思います。そこで、イタリアンレストランでよく登場するパスタをご紹介しましょう。パスタとソースの相性もとても大事なので、その基礎知識も合わせて覚えておけば、レストランで自信を持って注文できるはずです。

ロングパスタの種類

ロングパスタの種類

私たちに一番馴染みのあるパスタが、このロングパスタです。日本人は、どんな種類でもひとくくりにして「スパゲティ」と呼んでしまうこともありますが、太さなどによってちゃんと区別されています。その代表的なものは次の通りです。

スパゲティ
断面が丸いロングパスタの中で最も太さのある種類。直径は2ミリ前後。クリーム系やミートソースなど重めのソース向き。
スバゲッティーニ
スパゲティよりほんの少し細いパスタ。直径は1.7ミリ前後で、ペペロンチーノなどに代表されるさらりとしたオイルソースや、トマトソースなどがよく使われる。
フェデリーニ
さらに細めのロングパスタで、直径は1.4ミリから1.5ミリ程度のもの。薄味のあっさり系ソースによく合う。
カペッリーニ
「天使の髪の毛」という別名を持つ極細のパスタ。日本の素麺にも似ているが、食感は素麺よりしっかりしている。すぐに火が通ってしまうので、絶妙のタイミングを計るのが難しい。冷製パスタやスープの具に使われ、さっぱりとしたソースと相性が良い。
リングイネ
断面が楕円形で、ソースがからみやすい形状をしている。ジェノベーゼや魚介のソースと合わせることが多い。
タリアテッレ
5~6ミリ幅の卵入りパスタ。生クリームなどをつかった濃厚なソースにぴったりのパスタ。
タリオリーニ
タリアテッレの半分ぐらいの幅で、日本の蕎麦のような形状のパスタ。オイル、バターなどをベースにしたソースがよく使われる。

ショートパスタの種類

ショートパスタで最も有名なものはマカロニですが、ショートパスタの中にはおもしろい形をしているものがたくさんあります。これらの個性的な形状は、食事の場面に見る楽しさを演出するためでもありますが、ソースをからみやすくするための工夫として生まれたものばかりです。

マッケローネ
日本で「マカロニ」と呼ばれているショートパスタ。
ペンネ
ペン先のような形をしているのでこの名が付いた。クリームやチーズを使った重いソースと相性がよく、唐辛子入りトマトソースと合わせたペンネアラビアータはイタリアレストランの定番メニューである。
フジッリ
らせん状のショートパスタ。ミートソースとの相性は抜群。
ファルファッレ
イタリア語で「蝶々」の意。クリームソースとの相性が良く、可愛らしい形状は料理の演出でも存在感を示す。
コンキリエ
イタリア語で「貝」。大小さまざまなサイズがあり、サラダなどにも用いられる。
オレッキエッテ
「小さな耳」の意。弾力のある食感で、チーズソースなど濃厚なソースにも負けない存在感がある。