ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

ファミレス事典

ファミレス事典

郷土の味を受け継ぐイタリア料理!そのおいしさの秘密とは

イタリアは、地域によって特色の異なる料理文化を持っています。例えば、イタリアを北部・中部・南部に分けて郷土料理の傾向を比較すると、独自の伝統とこだわりがあることが分かります。日本にあるイタリアレストランでも、店名に都市の名前などをつけているお店では地域色豊かなメニューを取りそろえている場合があります。また、料理名に「ローマ風」「ナポリ風」などの文言が付随しているものは、その地域の郷土料理をベースにしていることが多いようです。イタリアの地域ごとに料理の特色をご紹介してみましょう。

イタリア北部は濃厚な風味

イタリア北部は濃厚な風味

歴史的に経済活動が活発に行なわれ、酪農が盛んだったイタリアの北部地域は、バターやクリーム、チーズなどの乳製品をふんだんに使い、濃厚な味に仕上げた料理が多いようです。例えば、イタリア北西部に位置するピエモンテ州の名物は、チーズ・フォンデュです。これはスイスのチーズ・フォンデュとは違い、チーズを牛乳で溶かしたものに、卵黄とバターを加え、野菜やパンにつけて食べる家庭料理です。また、北部地域はイタリアの穀倉としての役割を担っている地域です。小麦がたくさん穫れることから保存の必要もなく、パスタ料理には伝統的に手打ちの生パスタを使ってきました。さらに米の生産も行なわれ、リゾットなどの米料理にも馴染みが深い土地柄です。

イタリア中部はあっさり系

ローマやフィレンツェなど、観光地としても人気の高い都市が集まるイタリア中部地域は、地中海性の温暖な気候に恵まれたオリーブの生産が盛んな地域です。北部と南部に挟まれた土地柄のせいか、両方の「いいとこ取り」をしたような料理がたくさんあります。この地域の郷土料理として最も有名なものは、サルティンボッカです。サルティンボッカとは、「口に飛び込んでくる」との意味で、この料理の手軽さを象徴したネーミングです。というのも、この料理はチキンや子牛肉に生ハムの乗せるだけの簡単な調理法で出来上がっているのです。それでも充分においしいという点に、土地っ子たちはプライドを持っているのかも知れません。他の料理でも味付けは素材の味を生かしたあっさり系が好まれ、魚介を使った料理のバリエーションも豊富な点が中部地域の大きな特色です。

イタリア南部は海鮮の宝庫

ナポリを中心とするイタリア半島南部は、海に面した海鮮の宝庫です。イワシ、タコ、ムール貝などが豊富で、それらの海の幸にトマトソースとなすなどの野菜を取り合わせた素朴な郷土料理が好まれています。また、降水量の少ない気候を活かしてオリーブ、ぶどう、柑橘類の栽培が行なわれているほか、モッツァレラチーズの特産地としても知られています。南部特産の食材にはおいしいピッツァに不可欠な素材が多く含まれているからでしょうか、この地域ではピッツァが主食としても親しまれているそうです。その他の料理もトマトソースをふんだんに用いたメニューが豊富な土地柄で、日本人がイメージするイタリア料理に最も近い食文化を持つ地域と言えそうです。北部地域とは違い、この地域のパスタ料理に使われるのは乾麺が主流です。その点からも親近感を感じる日本人は多いのではないでしょうか。