ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

「なめらかプリン」が大人気の喫茶店「パステル」

パステルは、愛知県北名古屋市に本社を置くチタカ・インターナショナル・フーズ株式会社の展開するレストランです。ケーキやクッキーなどを販売する洋菓子店や喫茶店をかね備えており、特に「なめらかプリン」は全国的にも人気。洋菓子に特化したテイクアウトショップも展開しています。

多角経営で業務を拡大

多角経営で業務を拡大

チタカ・インターナショナル・フーズ株式会社は1902年(明治35年)、角嘉助氏が創業した酒類の小売商「知多屋嘉助商店」が始まり。1945年(昭和20年)に名古屋駅東側にビアホール「エスクワイヤ」をオープンし、2年後に株式会社エスクワイヤを設立し法人化。現在、名古屋の夏の名物となっている「ビアガーデンマイアミ」の前身となりました。

1970年代に入ると株式会社ダスキンと「ミスタードーナッツ」のフランチャイズ契約を締結したのを皮切りに、株式会社日本シェーキーズ、日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社ともフランチャイズ契約を結び、既存ブランドのフランチャイズによって業務を多角的に拡大していきます。1980年(昭和55年)に関連会社5社を吸収合併する形で「チタカ・インターナショナル・フーズ株式会社」に商号を改めました。1984年(昭和59年)、名古屋駅の地下街ユニモールにオリジナルブランドとしてパステルを開店。1986年(昭和61年)に東京都渋谷区に店舗を併設したケーキ工場を開設し、その後も横浜、名古屋にもデザートファクトリーを開設するなど事業を拡大しています。

大人気のなめらかプリン

パステルの洋食メニューは、パスタやピッツァなどイタリアンが中心。オーソドックスなトマトソースに濃厚なクリームソース、オイルや醤油のテイストの和風など種類の豊富なパスタや、もちもちピッツァ、パステル定番のドリアなどどれも人気です。また、冬季限定で販売する「ぐつあつパスタ」は、とろみのついた熱々のスープに入ったパスタ。器は熱を蓄積する特注の陶器鍋で、食べている間にも卵やスープにとろみがついて違った味わいになっていきます。

テイクアウトショップでも大人気でパステルの代名詞ともなっているのが「なめらかプリン」。ぎりぎりまでのなめらかさ、まろやかな味わいで大ベストセラーとなっています。2013年(平成25年)に発売20周年を迎え、2種類の最高級バニラビーンズや甘みとコクのある地養卵を使った「プレミアム極プリン ダブルヴァニーユ」を発売し、よりリッチな味わいが楽しめます。

原材料に求める安全と高品質

チタカ・インターナショナル・フーズ株式会社では、Quality(品質)、Service(サービス)、Cleanliness(清潔さ)を徹底し、品質管理・衛生管理を行なっています。特に食材にはこだわっており、「なめらかプリン専用クリーム」と「専用ホイップクリーム」は国内牧場の乳牛の原乳を使用して、衛生管理の整った乳業メーカーでプライベート商品として製造。なめらかプリンに使用する卵も国内産100%で、衛生管理された工場で安全に管理されています。デザートメニューに使用されるフルーツは購買担当者が直接産地で厳選した信頼できる農家と契約し、おいしく安全で高品質なものを使っています。