ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

旬の地元食材の味をいかした料理人「石鍋裕氏」

1948年(昭和23年)神奈川県横浜市出身のフランス料理の料理人で、フジテレビの「料理の鉄人」の「初代洋の鉄人」としても、また「石鍋シェフデザートシリーズ」の監修としても知られています。フランスの一流店で磨いた腕と感性で、旬の地元食材の味を生かすフレンチの料理人兼オーナーとして「クイーン・アリス」を経営しています。「森永乳業」の大ヒットシリーズ「石鍋シェフデザートシリーズ」の監修を務めるなど、パティシエとしても人気の高い料理人です。

フランス修行

フランス修行

1948年(昭和23年)2月7日、神奈川県横浜市で生まれました。早くに母を亡くし、小さい頃から料理をしていました。日本一の修業場を求めて宮内庁の「天皇の料理番」秋山徳蔵氏のもとを訪れ、その息子のレストランで修業することになりました。1970年(昭和45年)大阪万博でイタリア館の皿洗いとブルガリア館の給仕係として働き、斬新な料理に触発されます。翌年渡仏し、「マキシム」、「ヴィヴァロア」、「ムーラン・ドゥ・ムージャン」など5年間フランスの一流店を渡り歩きました。1976年(昭和51年)に帰国し、東京・六本木の「ビストロ・ロデュース」の料理長を務めました。

独立

1982年(昭和57年)に「クイーン・アリス」を設立しました。1997年(平成9年)に「パン・パシフィックホテル横浜」の名誉総料理長に就任、1999年(平成11年)には日本文化振興会から社会文化功労賞を、2003年(平成15年)にはフランスより農事功労賞「シュヴァリエ」を受賞しました。レシピ本や調理器具の他、デザートの監修もしており森永乳業から発売された「石鍋シェフデザートシリーズ」は空前の大ヒットとなり、コンビニエンスストアで販売されるデザートに大きな変革をもたらしました。

クイーン・アリス

石鍋氏が経営する東京・西麻布に本店を置くレストランチェーンです。「不思議の国のアリス」の主人公アリスが体験するワクワクやドキドキをフランス料理で味わってもらいたいとの願いに、「鏡の国のアリス」でアリスが最終的にチェスのクイーンに上り詰めたことと、フレンチレストランの頂点を目指す志を重ねて「クイーン・アリス」と名付けられました。伝統的なフランス料理に日本向けにアレンジを加えた上質でありながらカジュアルに楽しめる料理が人気を集めています。

パティシエとしての人気も非常に高く、東京都中央区には「パティスリークイーン・アリス」を経営しています。また、日本料理「歌舞伎」やヴェトナム料理店「ヴェトナム・アリス」、中華レストランなどのプロデュースもしています。

石鍋シェフデザートシリーズ

2000年(平成12年)11月21日森永乳業から「石鍋シェフデザートシリーズ」が発売されました。有名店のデザートがコンビニで気軽に食べられるようになり、「コンビニ・スイーツ」市場の草分け的存在となりました。第1弾は「洋梨ブリュレ」、「なめらかキャラメル・チョコクランチ付き」、「やわらかブラマンジェ・ラムレーズン」の3品が、翌年春の第2弾では「オレンジスフレ&ブリュレ」、「とろけるブランマンジェ・パッションフルーツソース付き」、「赤ワインジュレ」が発売されました。

「鉄人のこだわりシリーズ」として、フジテレビ「料理の鉄人」で和の鉄人として活躍した道場六三郎氏監修のデザートも加わり、「石鍋シェフのマロンティラミス・クッキークランチ付き」と「石鍋シェフのパンナコッタ・レモンピール入り」が発売されました。