ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

レストランの定番メニュー「スパゲティ」の歴史

スパゲティは、イタリアで誕生した料理です。近年はイタリア料理の専門店も増え、本格的なイタリアンを目にする機会も増えました。一方で、戦後の日本で誕生した「ナポリタンスパゲティ」や、給食メニューでもおなじみの「ミートソーススパゲティ」は、古くから続く洋食メニューとして今も多くの人に親しまれています。

昔の日本では「芯なしスパゲティ」が主流

昔の日本では「芯なしスパゲティ」が主流

パスタの本場であるイタリアでは、スパゲティは芯を少々残した「アルデンテ」の状態に茹で上げるのが一般的です。しかし、スパゲティが日本に伝わった当時は、芯が残っている状態が人々にあまり好まれなかったため、当時の飲食店ではあらかじめスパゲティを茹でておき、注文が入ってから温め直して使用することで、芯のないやわらかなスパゲティを提供していました。その後、広くイタリアンが浸透したことで、アルデンテの食感を好む人が増加した一方、レストランや喫茶店では現在も芯のない太めのスパゲティを提供する店が今も多くあり、懐かしい味わいとしてひとつのジャンルを築いています。

ナポリタンは横浜生まれ

日本人になじみ深いナポリタンスパゲティは、進駐軍接収時代の横浜で生まれました。考案者はホテルニューグランドの2代目総料理長・入江茂忠氏。街中でスパゲティとケチャップを混ぜ合わせて食べているアメリカ兵を見かけたことが、ナポリタンを考案するきっかけだったと言います。「ナポリタン」と言えば、味付けにたっぷりのケチャップを使用するイメージがありますが、ホテルニューグランドのナポリタンは、ケチャップを一滴も使わず、オリジナルのトマトソースで仕上げたもの。中世イタリア・ナポリの屋台で販売されていたトマトソースのパスタにちなみ、「ナポリタン」と名付けられました。

簡便性が支持され、ケチャップでの味付けが主流に

その後、ナポリタンの評判は全国へと広がりましたが、その途中、本格的なトマトソースではなくケチャップで味付けをするナポリタンが誕生。その簡便さからケチャップ味のナポリタンが主流になったようです。

フランス料理を参考に、イタリアで誕生したミートソース

ミートソースの起源は、イタリアのボローニャ地方です。「食の都」とも言われていたボローニャの裕福層が、「ラグー」と呼ばれるフランスの煮込み料理を参考にして作らせたものが始まりだと言われています。そのため、日本のイタリア料理店などでは、ミートソースのことを「ラグーソース」「ボロネーゼ」などと表記する店も見られます。

日本において、ミートソーススパゲティをメニューに初めて取り入れたのは、新潟県の「ホテルイタリア軒」であるという説や、兵庫県・宝塚市にかつて存在したイタリア料理店「アベーラ」であるとの説があります。

缶詰の登場を機に、家庭にも浸透

一般家庭にミートソースが浸透したのは、1959年(昭和34年)に缶入りのミートソースが発売されたことがきっかけだと言われています。現在もミートソースの人気は高く、多くのメーカーから様々なタイプのソースが販売されています。