ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

レストラン事典

レストラン事典

子どもから大人まで大人気の洋食「オムライス」の進化

オムライスは、ケチャップライス、もしくはバターライスをオムレツで包みこんだ料理です。子どもから大人まで大人気の洋食メニューで、専門店も登場し人気を集めています。明治時代の文献にも見られるメニューですが、誕生の由来は様々です。

オムライスの誕生

オムライスの誕生

1903年(明治36年)から報知新聞で連載を開始した「食道楽」には、牛肉やハム、野菜と同じように、お米を具材として使用したオムレツが紹介されていますが、現在のオムライスとは違う料理だったようです。その後、ケチャップライスを卵で包んだオムライスが登場しますが、誕生の由来には諸説あります。

東京と大阪に発祥店

ひとつめは、大阪・心斎橋の「北極星」が常連客の健康を考えてメニューを発案したという説。もうひとつは、東京・銀座の「煉瓦亭」で作っていた従業員のまかないめしが評判となって正式なメニューになった、という説です。煉瓦亭は大変な繁盛店であったことから、座って食事を取る時間がない調理師のためにと、鍋を動かしながら片手でも食べられる料理が考え出されたといわれています。偶然、調理師がその料理を食べている姿を見た客が「あの料理を食べてみたい」とリクエストしたことから「ライスオムレツ」という名前を付け、メニューに掲載するようになりました。

国産ケチャップが登場し、家庭料理に

オムライスが家庭料理として登場するのは昭和に入ってからのこと。1928年(昭和3年)に発行された家庭料理の本に、初めてオムライスの作り方が掲載されました。明治の終わり頃までは外国製のケチャップしかありませんでしたが、国産のケチャップが登場したことで家庭にもなじみのある調味料となったことがその理由とも言われています。

進化を続けるオムライスバリエーション

最近では、ケチャップライスを包み、仕上げにケチャップを添えた定番のオムライスに加え、多種多様なバリエーションが誕生しています。ごはんの具にキノコや大葉、ゴマなどを使用し、醤油で味付けした和風のオムライスや、ケチャップの代わりにホワイトソースやデミグラスソースを添えたものなど、店によって様々なアレンジが見られます。

元祖オムライスvsふわとろオムライス

もともとは薄焼き卵でごはんを包むオムライスがほとんどでしたが、1980年代後半以降からは徐々に、卵をたっぷり使用して半熟卵をごはんの上に乗せるスタイルが人気を集めるようになってきました。そうしたオムライスは「ふわとろオムライス」との名称で知られており、現在ではふわとろオムライスの専門店があるなど、薄焼き卵で包んだオムライスよりも一般的なメニューとなっています。ふわとろオムライスが誕生したのは昭和の中頃だと言われていますが、その存在を世に広くしらしめたのは、1985年(昭和60年)に発表された「タンポポ」という映画です。この映画には印象的な食事のシーンが多数登場しており、その中のひとつにふわとろオムライスが登場し、話題を集めました。