ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

中華料理店事典

中華料理店事典

福建料理のスープから産まれた太平燕!今では熊本の名物グルメ!

野菜の炒め物や卵を春雨スープにのせる麺料理「太平燕(タイピンイェン)」。日本では熊本の名物グルメとして、知っている人も多いでしょう。近ごろはインスタント食品として、全国各地で売られるようにもなりました。

実はこの太平燕は、もとは中国・福建省で生まれた地方料理のひとつ。日本に伝わってから独自の進化を遂げたメニューです。福建料理の太平燕と比較しながら、日本でのアレンジの歴史をみてみましょう。また、現代の日本の中華料理店における太平燕についてもまとめました。

福建料理のスープが日本で麺料理に

福建料理のスープが日本で麺料理に

福建料理にある太平燕は、ワンタン入りのスープにアヒルの卵を茹でた物を加えた料理。お祝いの席などに供されるハレの日の料理です。豚肉とでんぷんを練って作る「扁肉燕(ビェンニュッイェン)」、略して「燕」という福建省伝統のワンタンを使います。

日本への伝来の経緯として有力な説は、明治時代に福建省出身の華僑が伝えたというもの。華僑の料理人が九州で開いた中華料理店で、まかないとして作ったのが始まりとされています。アヒルは中国での高級食材ですが、日本ではさらに入手が困難。そのため、アヒルの代わりに鶏の卵を、扁肉燕の代わりに燕の巣に似た春雨を使ったのだとか。こうしてスープではなく、麺料理としてアレンジが進みました。

熊本県の名物グルメになった太平燕

日本の太平燕は発祥当初、九州各地の中華料理店にあり、多くの店でメニューから姿を消し、熊本県内にだけ残りました。同時に、"熊本県でのみ食べられるメニュー"になったことで熊本県では郷土料理のように定着しました。

熊本の中華料理店や給食で食べられる太平燕

熊本県内ではほとんどの中華料理店で太平燕がメニューに載っている他、学校給食でも登場します。その味わいは、店によって様々。スープは鶏がらベースのあっさり味から豚骨入りの濃厚な味、さらにはトマトベースのユニークなスープまで。具の鶏の卵は揚げた物や茹でた物、ウズラの卵に置き換える店もあります。この他、ハクサイやエビ、ネギ、キャベツ、タケノコなど野菜も各店で工夫を凝らしています。基本的には野菜たっぷりで、ラーメンに比べると優しい味であるのが特徴と言えるでしょう。

太平燕ご三家

一説には太平燕発祥の店とも言われた1933年(昭和8年)開店の「中華園」に加え、同年開店の「会楽園」、翌年開店の「紅蘭亭」という熊本市内の3つの中華料理店が「太平燕ご三家」と呼ばれています。「中華園」は2015年(平成27年)2月末に入居するデパートの閉店に伴い、終了することになりました。

一般的な太平燕の作り方

数ある太平燕の作り方のうち、一般的な物を紹介します。ここでは福建料理ではなく、日本でアレンジされた太平燕の作り方を述べます。

太平燕の材料と一般的な作り方

具の主な材料は揚げ卵または茹で卵、春雨。さらに豚肉やエビ、キャベツまたはハクサイ、ニンジン、キクラゲなどの野菜を用意します。豚肉やエビ、野菜を中華鍋で炒め、ここに鶏がらスープなど好みで調味したスープを加え、春雨も入れて煮込みます。仕上げに卵をのせます。揚げ卵や茹で卵は下味を付けておくこともあります。