ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

中華料理店事典

中華料理店事典

肉や魚の食感を味わえるもどき料理!?ベジタリアンにイチオシの台湾素食

日本人の旅先としても人気のある台湾。ここで食文化として欠かせない存在となっているのが「台湾素食(たいわんそしょく)」です。町を歩き回れば、台湾素食の文字を掲げた食堂をよく見かけます。

「台湾素食」とは簡単に言えば、ベジタリアン向けの料理のことです。中国から伝わった菜食がベースとなって、台湾文化の中で独自の発展を遂げたと言われています。国民の1割はベジタリアンとの調査結果も出ている台湾で提供されているこの料理。いったいどのような特徴があるのでしょうか。

「台湾素食」は台湾独自の食文化のひとつ

「台湾素食」は台湾独自の食文化のひとつ

「台湾素食」とは現地では「タイワンスーシー」と呼ばれ、台湾の「菜食主義料理」のことです。中国語では、「素食」は「菜食」のことを言い、「質素な料理」という意味ではなく、野菜中心の料理を指しています。

最近では、健康志向やダイエットを目的とした理由から野菜中心の料理への注目度が高まり、益々発展し、台湾素食が食べられるお店は台湾のあちらこちらで目にすることができます。台湾素食を提供する店は、気軽な食堂から高級なレストランまで様々。なかでも、セルフサービスのビュッフェスタイルの食堂は日常的に多くの人が訪れるなど、日々の食の風景としてすっかり定着しています。

このような台湾素食のお店は、ベジタリアン(菜食主義者)の多い欧米向けの台湾ガイドブックには必ず掲載されているとのこと。ちなみに、台湾のベジタリアンの多さは、アジアではインドに次いで第2位、国民の1割がベジタリアンだというデータがあるなど、菜食を日常食にする人は相当な数にのぼります。

福建省や上海から伝わった

台湾から程近い福建省や上海で食されていた素食が台湾に伝わったのが台湾素食の始まりとされています。そこに台湾独自の食文化が加わり、独特の発展を遂げてきました。また、刺身に似た料理があるなど和食に影響を受けたメニューもあります。

主な食材は野菜と豆類と果実

台湾素食は、肉と魚は一切使わず、五臓(肝・心・脾(ひ)・肺・腎)に良くないとされている五葷(ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、タマネギ)も一切使いません。さらに、卵や乳製品、動物由来の油も避けます。使う食材は主に野菜と豆類と果実で、ダシは昆布や椎茸から採ります。台湾素食には洋菓子もありますが、そこに乳製品は一切使われていません。

味も見た目も完成度が高い"もどき料理"

台湾素食の大きな特徴のひとつは、見た目にも美しい盛り付けがなされること。そして、豆腐やコンニャク、グルテンなどを使って肉や魚の食感をうまく作り出すなど、各種の「もどき料理」が発達しています。例えば、グルテンで作るソーセージやハンバーグ、コンニャクで作るイカなど、完成度も高くボリュームもあるメニューが多数。大豆を使ってお肉の食感を模したメニューだけでも、その数は何百種類もあると言われる程です。

近年では、こうした本格的な台湾素食のレストランが日本にも増えており、健康志向の人を中心に人気を呼んでいます。