ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

中華料理店事典

中華料理店事典

中華料理と中国料理その違いは?

日本では中国発祥の料理は、「中華料理」と呼ばれるのが一般的です。しかし、国内で中華料理店を探すと、「中国料理店」と銘打った店もあることに気づきます。この「中国料理」は「中華料理」と同じなのでしょうか。それとも何か違いがあるのでしょうか。

実際のところ、この違いははっきりと定義されておらず、同義語として使われることもあるようです。ただし、名付けた店側には何らかの意味が込められていることもあります。そこで、店の規模や料理人の国籍、メニュー構成、価格帯などに注目して、実質的な違いを調べました。

中国では「中華料理」とは言わない

中国では「中華料理」とは言わない

日本での「中華料理」という名称は、中国の各地方の料理を総まとめにした物であったり、いずれかの地方の料理であったり、広い意味を持ちます。イメージされる物は高級中華料理店のフカヒレ料理や北京ダック、中級料理店の青椒肉絲などの一品料理、大衆中華食堂のラーメンなどが主でしょう。実は、こうした料理は過去400年以内に生まれた物が多く、いずれも歴史が浅い料理です。

一方、中国では「中華料理」という言葉は普段使わず、広東料理(エツ菜)、四川料理(川菜)、山東料理(魯菜)などと分けて呼びます。あるいは、「中国菜」という総称を使います。約4,000年の歴史をもつ中国の料理のことを指す場合、「中華料理」という言葉はふさわしくないようです。

中華料理のメニューは日本人向け

「中華料理」という言葉のイメージには、本場の味そのままではなく、日本人に食べやすいようアレンジされた料理を意味することがあります。日本の中華料理店で見かけるけれど、中国の飲食店にはほぼ食べられない「天津飯」や「焼き餃子」といった日本発祥の料理も、「中華料理」として分類されることが多いようです。

国内ホテルやデパートのレストラン街などにある高級料理店では、「中国料理 〇〇」、「中国四川料理 〇〇」などと名付けられた看板も見受けられます。ここには、日本人の舌に合わせることを主な目的としない、「本場中国の味を再現したい」という店側の気持ちが込められているとも考えられます。

店選びの参考にできるポイント

本場の味を提供したいと「中国料理」を名打っている店では、中国人シェフが厨房を仕切っていることが多いようです。質の良い素材、腕の良い料理人を使うため、価格がやや高くなる傾向もあります。中国のレストランの雰囲気を演出するため、店内は円卓を採用するなどの違いがみられます。

ただし、「本場の味」は日本人にとっては辛すぎたり、馴染みのない香りが気になったりと食べにくいのも事実。一方、中国人にとっては「中華料理店」で通常出されているメニューは、物足りない味に感じるかもしれません。そこで、「中華料理店」と「中国料理店」のどちらであっても、予約をする場合は事前に味について相談をすると良いでしょう。日本人や中国人が食事を楽しめるように臨機応変に対応してくれる店も少なくないはずです。