ご希望の飲食店情報を無料で検索できます

クックドア

文字サイズ

中華料理店事典

中華料理店事典

中華料理のメニューを見るコツ!

どの料理を注文しようか決めるときに開くメニュー表。国内の中華料理店では、日本語で書かれていることも多くありますが、なかには漢字が羅列した中国語で表記されていることもあります。中国人シェフが営む本格的な店である程、中国語で書かれていることも少なくないでしょう。こうした中国語のメニューは難解なようですが、見方にちょっとしたコツがあります。ここでは中華料理名の構成などをもとに、メニュー表を見るときのコツをご紹介します。

前菜、メイン、デザートなどの分類

前菜、メイン、デザートなどの分類

アラカルトで注文する店の場合、各メニューがコースで言えばどの位置付けにあたるかを示して分類していることがあります。

中華料理の一般的なコースは「前菜」、「湯(タン)」、「大菜(ターツァイ)」、「点心(ティェンシン)」という構成です。前菜には冷たい「冷菜(ロンツァイ)」・「涼菜(リャンツァイ)」と温かい「熱炒(ルーチャオ)」があります。「湯」はスープのことで「湯菜(タンツァイ)」と書かれることもあります。「大菜」は主菜であり、コースのなかでメインディッシュとなる料理です。「主菜(または大菜)」と「湯」にあてはまらない料理を「点心」と言います。菓子や軽食類はすべて「点心」で、甘みのある「甜点心(ティェンティェンシン)」と、甘くない「鹹点心(シェンティェンシン)」があります。各分類からひとつずつ選ぶなどして、自分好みのコース風に組み立てると良いでしょう。

中華料理名の構成を知る

漢字が羅列している料理名には、いくつか法則があります。キーとなる漢字の意味を覚えておけば、どんな料理かイメージしやすくなります。

メニュー名のパターン1/材料+材料

主な材料を並べた名称が多く見られます。例えば、「青椒肉絲(チンジャオロースー)」は、ピーマンである「青椒」と細切りを意味する「絲」を施した「肉」の炒めもの。「白菜丸子湯(パイツァイタン)」は、白菜と肉だんご「丸子」のスープのこと。

中華料理によく登場する材料

中華料理でポピュラーな材料の中国語表記の例を以下に挙げました。

  • 肉(ロウ)…主に豚肉のこと ※牛肉は「牛肉」、鶏肉は「鶏」と書かれます。
  • 猪(チゥ)…豚
  • 蒜(スワン)…にんにく

メニュー名のパターン2/形容詞+材料

蟹玉のことである「芙蓉蟹(フーロンシェイ)」は、「蟹」をハスの花を意味する「芙蓉」のように仕上げました、という名前です。

メニュー名のパターン3/料理法+材料

「炒麺」(いためそば)は「麺」を「炒める」物。「紅焼獅獅頭」(肉団子の煮込み)は大きめの肉団子である「獅獅頭」をショウユなどで煮込む「紅焼」という調理法で仕上げる物。このように、主役の材料と調理方法を合わせる名称構成もあります。調理方法の中国語表記を把握すると分かりやすくなります。

中華料理によく登場する調味料

調味料名が名称に含まれることがあります。これらの意味が分かれば、どんな味に調えられているか知るのに役立ちます。代表的な例を以下に挙げました。

  • 花椒(ホワ・ジャオ)…山椒の実
  • 辣椒(ラア・ジャオ)…唐辛子
  • 香菜(ツァンツァイ)…コリアンダー(パクチー)の葉
  • 醤(ジャン)…ショウユを絞る前のもろみ